注目の記事 PICK UP!

トラブルショットのリカバリーショットで大叩きを回避する

林の中に打ちこんだ時の対処法

林の中に入ってしまった時は、どのようにして1打でフェアウェイに戻すかを一番に考えます。

とかく、何とかなるだろうと、大きなオープンスペースが無いにもかかわらず、何とかグリーンに近づけようと狭い木の間を狙いに行きます。

その結果、また木に当たり、もっと林の中に深く入り込んでしまったと言うことも、十分あります。

ここは無理をせず、グリーン方向と反対でもいいので、大きな空きスペースを見つけてフェアウェイにレイアップして下さい。

まず、オープンスペースを見つけたら、その高さと幅を確認します。高さが背丈以下であれば、ロングアイアンか5番アイアンで低く打ちだし脱出します。

高さがもっとあれば、7番アイアンでも大丈夫です。

距離はそれほど必要ないので、クラブを短く持ってコンパクトに振り、フォローを低く出します。

ここで大事な事は、絶対ヘッドアップをしないことです。ボールの行方が気になり、ヘッドアップしてしまうと、ボールが曲がったり、トップやダフリの原因となります。

ボールを運ぶ場所を見つけたら、ボールの先にスパットを見つけて、(目印や目標物、落ち葉やドングリでもいいですよ)そのスパットに対して、クラブフェースをスクエアになるよう構えます。

そして、ボールを右足寄りにおいてスイングします。再度言いますが、その際ヘッドアップは絶対いけません。

ボールの行方が気になりますが、トップやダフリが無ければ、必ず成功します!クラブがちゃんと仕事をしてくれますので、ご安心ください。

 

硬い砂のバンカー一発脱出の方法

硬い砂のバンカーショットと言っても、いくつかのパターンがあります。雨上がりで水分をたくさん含んだ砂のバンカーや砂が乾いていても砂の量が少なく、すぐ下の硬い地面がある場合などあります。

砂がたくさんあれば、砂の爆発力、エクスプロージョンでゴルフボールをバンカーの外に運んで簡単に脱出出来ます。しかし、硬い砂の場合はそうもいきません。

サラサラ砂の場合と同じように、フェースを少し開いてショットすると、クラブヘッドが硬い砂にはね返されてしまい、ホームランになったりゴルフボールを打つことなく手前の地面をドンと打つだけのショットで、バンカー脱出は不可能です。

この場合は、クラブヘッドは、砂の下をくぐらせることは出来ないので、アドレスを取ったら、コックを使ってクラブを鋭角に振り上げてボールを上から打込む様にスイングします。

フォローはほとんど取る必要はありません。と言うか、取れませんので、振り上げてドスンで終わりと言う感じです。

柔らかい砂のバンカーは得意でも、硬い砂のバンカーは苦手と言う方は、この打ち方を実践してみてください。

 

関連記事

  1. 苦手なバンカーショットを克服して得意なショットにする練習

  2. フェアウェイバンカーのダフリミスをしない打ち方

  3. ディボット跡からの脱出は簡単です!そのコツとは?

  4. アプローチショット池越えとグリーン奥からを覚えよう!

  5. 苦手バンカーからフワッと1発脱出する方法

  6. ミスショットを防止する

  7. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!

  8. 初心者ゴルファーの悩みスライス矯正

  9. 傾斜地はトラブルショットと考えよ!

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP