注目の記事 PICK UP!

フェアウェイバンカーのダフリミスをしない打ち方

フェアウェイバンカーは、グリーンまでまだ距離があるので、グリーンに近づけるためサンドウェッジでっはなく、他の番手のクラブでショットします。

しかし、ダフリミスのショットが出易いので、1度で脱出する事が出来ない人が多いですね。

そこで、ちょっとアドレスを変えて、ダフリミスやトップミスを防ぎましょう。

フェアウェイバンカーからの脱出はアドレスで決まる

バンカー内は足元が不安定なため、しっかりと砂を踏み込んで足元を安定させます。その時に膝を少し深く曲げて、重心を下げて下半身を安定させます。

その分、グリップを少し短めに持ちます。ボールの位置はスタンスのセンターではなく、ボール1個分右足寄りに置きます。

この右足寄りにボールを置くことで、ダフリミスが防げます。ここがポイントです。

そして、クラブヘッドのフェースをかぶせ気味にして、セットするとボールがしっかりつかまり易くなります。

 

バンカー内での大振りはやってはいけない

ボールを上げようとして、大きなテークバックを取ってしまうと、スイング軸が右に傾いて、ダフリの原因になります。

フェアウェイバンカーは、脱出優先なので、ボールを高く打ち出す必要はありません。低くても出すことを優先しましょう。

そのためには、コンパクトなスイングを心がけて下さい。テークバックでは、体の軸を右に動かさないで、その場で回転するイメージで振ればダフらず、しっかりミートできます。

 

フェアウェイバンカーはユーティリティーで打つ

ピンまで距離があるフェアウェイバンカー。脱出に使うクラブは、サンドウェッジ以外のアイアンだけではありません。距離とアゴの高さを確認して、アゴが低くなおかつ、ボールが砂に埋まっていなければ、積極的にユーティリティクラブを使ってバンカー脱出を図りましょう。

ユーティリティはソールが広いため、ダフリにくく距離が稼げます。しかし、ボールが砂に埋まっている場合は、アイアンで打つことをオススメします。

打ち方としては、ユーティリティであっても、距離を稼ごうとして大振りはいけません。力を入れ過ぎると、ユーティリティと言えどもダフリます。

コンパクトスイングで、OKです。これでもユーティリティなら十分距離が稼ぐことが出来ますので。

ショットする時は、ボールの下を打つのではなく、トップ気味にショットします。ボールは低く出ますが、脱出は出来ます。ボールの赤道を狙い撃ちしてのショットが、コツです。

 

関連記事

  1. ゴルフのトラブルショット 林の中から1打でフェアウェイに出すためには?

  2. 突然出たシャンクを修正する方法とは?

  3. バンカーショットをやさしくする

  4. つま先上がりなどの傾斜地からの打ち方の方法を覚えよう!

  5. トラブルショットはラウンドレッスンで学ぶが一番

  6. アプローチショット池越えとグリーン奥からを覚えよう!

  7. 初心者ゴルファーの悩みスライス矯正

  8. ディボット跡からの脱出は簡単です!そのコツとは?

  9. ミスショットを防止する

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP