注目の記事 PICK UP!

苦手なバンカーショットを克服して得意なショットにする練習

硬い砂のバンカーショットの方法

硬い砂のバンカーショットと言っても、いくつかのパターンがあります。雨上がりで水分をたくさん含んだ砂のバンカーや砂が乾いていても砂の量が少なく、すぐ下の硬い地面がある場合などあります。

砂がたくさんあれば、砂の爆発力、エクスプロージョンでゴルフボールをバンカーの外に運んで簡単に脱出出来ます。しかし、硬い砂の場合はそうもいきません。

サラサラ砂の場合と同じように、フェースを少し開いてショットすると、クラブヘッドが硬い砂にはね返されてしまい、ホームランになったりゴルフボールを打つことなく手前の地面をドンと打つだけのショットで、バンカー脱出は不可能です。

この場合は、クラブヘッドは、砂の下をくぐらせることは出来ないので、アドレスを取ったら、コックを使ってクラブを鋭角に振り上げてボールを上から打込む様にスイングします。

フォローはほとんど取る必要はありません。と言うか、取れませんので、振り上げてドスンで終わりと言う感じです。

柔らかい砂のバンカーは得意でも、硬い砂のバンカーは苦手と言う方は、この打ち方を実践してみてください。

バンカーからの脱出は難しと言う苦手意識は持たないこと

バンカーショットは難しい、と言う潜在意識があるため、苦手にしている人は多いと思います。

でも、大丈夫です。ちょっとしたコツを覚えれば、バンカーからのショットは難しくありませんので、是非そのコツを覚えてください。

状況が比較的良い場合のバンカーショット

バンカーエッジまでの距離が2~3メートルでピンに近く、砂の上にちょこんと乗っている、しかもあごは高くない場合は簡単です。

絶対出してやると思うと、全身に力が入りますので、力まず肩の力を抜きましょう。

使用するゴルフクラブはSW(サンドウェッジ)です。

スタンスは少し広めのややオープンに構えて下半身を安定させます。
ゴルフクラブのフェースを開いて、ピン方向(目標)に向けます。

足元は不安定になりやすいので、両足を砂に潜らせるようにグリグリとしっかり安定させて下さい。

ボールの位置は、左足かかとの内側に置きます。
アドレスでのグリップの位置は、体の真ん中に置いて構えます。その際、クラブのソールが砂に触れないように注意して下さい。ペナルティーが科せられます。

バックスイングでゴルフクラブを上げる時には、左ひざの角度が変わらないようにしっかり踏ん張って、伸び上らないように気をつけて下さい。ミス(ホームラン等)の原因となります。

振り下ろす際は、ボールの手前(5cm位)にクラブを落として、砂のエクスブロージョンで脱出させます。

ちっとも簡単じゃない!難しそう。と感じられますが、ライと前方の状態がいい時には、難しく考えずに、ボールの手前にゴルフクラブを縦に上げて、ドスンと降ろすだけです。
フラットに上げてはいけません。ボールが出にくくなりますので。

苦手意識は捨てて、簡単に脱出できますので、力を抜いてスイングしましょう!

バンカーショットの目玉は超簡単!

グリーンを狙うために、ショートアイアンやウェッジで打った打球は高い弾道になります。その打球がバンカーに捕まった時など、ボールが半分以上砂に埋まってしまう、いわゆる「目玉」の状態になってしまいます。

ちょっと厄介ですね。「やっちまったあ~」なんて思うこと、多々ありますよね。(笑)でも、目玉でも大丈夫です。コツさえつかんでいれば、 一発脱出も難しくはありません。3つのコツで一発脱出です!

目玉の場合は、普通にバンカーショットしてもダメです。通常の砂の爆発力ではなかなか脱出は出来ません。

☆ (コツ1つ目) アドレスでは、クラブフェースをかぶせ気味に構えます。バックスイングでは、クラブを鋭角に上げたいので、コックを使って早めに上げて行きます。

☆ (コツ2つ目)そうすることにより、鋭角に振り下ろすことが出来ます。
☆ (コツ3つ目)砂に負けないようドスンと打ちこむように振り下ろして下さい。

この時注意したいのが、フィニッシュのために振り抜こうとしてはダメです。
ドスンと落として、それで終わり。と言うように割り切って下さい。

それでいいの?と不安に思うかもしれませんが、それでいいのです。(笑)

振り抜こうとすると、フェースが砂に深くはいらず、ホームランになってしまします。
目玉からのバンカー脱出は、この3つのコツを覚えて下さい。

一発脱出で、バンカーショットも楽しくなります。一発脱出は気持ちいいですね。
でも、その前にバンカーに入れない方がいいかもしれませんね。


柔らかい砂と硬い砂のバンカーショット

ガードバンカーは、柔らかい砂(軽い)と硬い砂(重い)があります。
砂の状況によっては、打ち方が違いますので注意しましょう。

柔らかい砂の場合は、砂の抵抗が大きいのでしっかりとスイングする必要があります。

アドレスで構える時、スタンスは広めにして少しオープンに構えます。フェースはあまり開かず、スクエアよりも若干オープンにします。

スイングはバンスを使って砂のエクスプロ―ジョンにより脱出させますが、ここで1つ注意することがあります。

それは、ゴルフボールの手前を叩いてしまった場合やフェースが開きすぎてショットをした場合、クラブヘッドがボールの下をくぐり抜けてしまう、いわゆるだるま落としになる事があります。

大叩きにつながるので、注意しましょう。

また、ヘッドアップにも注意しましょう。
砂の抵抗が大きい分、振り抜いたショットが大事です。(コツ1)

硬い砂の場合は、ソールが入りにくくなりますので、使用するゴルフクラブはSW(サンドウェッジ)の他に、PW(ピッチングウェッジ)を使用するのもいいでしょう。

アドレスは、柔らかい砂と違ってクラブフェースは開かず、スクエアにセットします。そして、左足体重にして、体重移動は行わずそのままスイングして下さい。

えてして、硬い砂の場合、砂にはじかれてのショットとなる可能性が多いと思います。

グリーンをオーバーしてしまう程、打ってしまうことがありますので、左手のグリップはしっかり握り、コックを使って打ちこむことが大事です。

バンカー練習ができるゴルフ練習場もありますので、ドライバーやアイアンだけでなく、バンカー練習も積極的に行いましょう。

関連記事

  1. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!

  2. 傾斜地はトラブルショットと考えよ!

  3. つま先上がりなどの傾斜地からの打ち方の方法を覚えよう!

  4. ゴルフのトラブルショット 林の中から1打でフェアウェイに出すためには?

  5. 初心者ゴルファーの悩みスライス矯正

  6. ラフに負けないショット 脱出するための打ち方とクラブ番手

  7. 傾斜からのショットを悪球打ちと名付けました!

  8. ディボット跡からの脱出は簡単です!そのコツとは?

  9. トラブルショットのリカバリーショットで大叩きを回避する

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP