注目の記事 PICK UP!

初心者ゴルファーのルール講座

ラウンド中のルールこんな時どうするの?!

ゴルフのルールはある程度知らないと困ります。とは言え、ルールブックをしっかり読んでいる人は少ないですね。コースでラウンドする時に、ほぼ遭遇するであろうゴルフルールを拾い出してみました。

最低限のことは覚えて、スムーズな進行が出来るようにしてください。

また、一度に全部覚える必要はありませんが、ラウンドを重ねる中で少しずつ覚え行く事が大事です。

OBの数え方とティーグランド内のルール

①ティマークより外に出てショットした場合

スタート時のティショットは、ティマークの内側からショットをします。ティマークよりも外側に出てしまうことをデベソと言います。

デベソの場合は、2打罰(2ペナルティー:以下ペナと言います)となります。ただし、外側から打ったのはスコアに加算されず、打ち直し後の打数に加算されます。

自分では出ていないつもりでも、わずかにデベソになっている時がありますので注意しましょう。そして、ティマークより1m以内に下がり、平らな場所を見つけてショットすることをオススメします。

②ティショットが白杭(OB杭)の近くに行ってしまった時

ティショットでボールが曲がり、左や右の白杭(OB杭)の近くに飛び、OBの判断がしにくいときは、「暫定球を打ちます」と宣言して、もう1度ショットします。1打目のボールがOBでなければ、無罰でプレーを続けます。

OBの場合は1ペナを加え、暫定球のボールでプレーを進めます。

確認です。一度打ち直したので、今何打目でしょうか?

OB(アウト・オブ・バーンズ)は1打罰。
なので、最初のショット1+打ち直しのショット1+1ペナで、今は、3打目です。

ちなみに、フェアウェイ上からのショットでOBかも?と、不安な場合も暫定球宣言をして、その場からショットします。OBの場合もその場からショットして、打ち直します。

また、進行を早めるためには、OBで打ち直さず、前方の特設ティーよりショットします。前進4打罰と表示してあり、次のショットは4打目になります。プレーイング4とか、前4(まえよん)です。ティグランドに表示してある通りに従って下さい。

③ショットの順番を間違えてしまった時

特にペナルティーはありませんが、マナーとして先に打つべき人に謝りましょう。ただし、競技の場合は失格になる場合がありますので注意が必要です。

④クラブの番手を同伴者に聞いてしまった時

ショートホールにおいて、クラブ選択を迷ってしまったので、先にショットした人にクラブの番手を聞いてしまいました。
この場合は、聞いた人も教えた人も2ペナとなりますので、聞いたり教えてしてはいけません。

⑤空振りをしてしまった時

空振りも1打になります。もう1度打ち直してから、1打加えます。今のは練習スイング、なんていい訳はしてはいけません。(笑)

フェアウェイでのラウンド中ルール

一番多いトラブルショットのペナルティの数え方を覚えましょう。ラウンド中はよくあることなので、覚えて下さい。

⑥打球を見失った(ロストボール):1ペナ

ボールを探す時間は5分です。5分以内に見つかればそのままプレーしますが、見つからない場合はショットした場所に戻り、1ペナを加えます。

しかし、一般的にはプレーの進行上、見失った場所からドロップしてショットします。その場合、2ペナを加えます。

また、ドロップする場合、肩の高さからですが、2019年1月の規則改正後は、ひざの高さからのドロップが可能となります。同様にボールを探す時間も5分から3分に短縮されます。

⑦他人のボールを打ってしまった(誤球):2ペナ

⑧池に入れた:1ペナ

⑨赤い杭の内側に入ってしまった:1ペナ

ただし、ゴルフクラブのソールを下に触れないでショットが出来れば無罰です。

⑩ボールが打てない場所に入ってしまった:1ペナ

例1:深いラフで、ボールが見えない時
例2:フェンスなどの際にボールがある時
例3:バンカー内の砂とアゴの境目などにある時

上記のようなボールが打てない場所にある時は、アンプレヤブル宣言をして、ピンに近くならないショットが出来る場所にドロップします。

この場合、3つの選択だありますので、有利な方法でショットします。

(1)前にショットした場所に戻り、打ち直す。

(2)ボールとカップを結んだ後方線上でドロップして打つ。

(3)ボールの位置から横方向に、2クラブ以内にドロップして打つ。(ピンに近くなってはダメ)

⑪バンカー(ウォーターハザード)の砂(水面)にゴルフクラブのソールが触れた:2ペナ

バンカー(ウォーターハザード)に入ってしまった時は、クラブを砂(水面)に触れず打たなければいけません。
もし、クラブが砂(水面)に触れた場合は、2ペナとなってしまいますので慎重に打ちましょう。

⑫ショットしたボールがサブグリーンに乗ってしまった時

ナイスオン!と思いきや、サブグリーンに乗ってしまった時は、ペナルティーはありませんが、サブグリーン上から打つことは出来ません。ボールを移動させます。

1クラブ以内で、グリーンに近づかない場所にドロップしてその場所からショットします。

⑬木の枝が邪魔で枝を折ってしまった時

ショットの邪魔で故意に木の枝を折ったり、固定物を移動させると2ペナです。

⑭ショットしたボールがカート道路に転がって止まってしまった時

カート道路上はショット出来ませんので、グリーンに近づかない1クラブ以内の場所にドロップして、そこからのショットとなります。ペナルティーはありません。

グリーン上のルール

⑮ボールを拾い上げる時

ボールについた砂等を拭く時に、拾い上げる前にマークしましょう。マークをしないでボールを拾い上げると、1ペナになってしまいます。

⑯ライン上に水溜りがある時

グリーン上に水溜りがあり、パターが打てない時は、ピンに近づかない位置に変更できます。無罰です。

いかがですか?

ルールはまだたくさんありますが、ラウンド中、必ず遭遇する代表的な場面を拾ってみました。最低限の事だけ覚えていれば、ラウンドが出来ます。あとは、一緒にラウンドしている人に聞きながら自分のルールブックを増やして下さい。

ラウンドを重ねながら少しずつ覚えていきましょう!

関連記事

  1. ゴルフの基本的なルールを覚えよう

  2. 2019年1月1日からゴルフのルールが変わりました

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP