注目の記事 PICK UP!

ショートパットを確実に入れるためには、どうすればいいか?

何故、パットでショートしてしまうのか?

グリーン上でパットのラインを読んで、いざストローク!よし!ラインに乗ってコロンと入った!?と思いきや、あと一転がりで止まってしまい、悔しい思いをした事、たくさんあると思います。

それでは何故、あと一転がりの所でいつも止まってしまうのでしょうか?

オーバーしてしまうのが嫌だ。カップをオーバーしてしまうと、返しのパットで外すのが嫌だ。怖い。など、いろいろな思いがあるからでしょうか?

心理的にはそうかもしれませんが、ショートでは絶対カップイン出来ません。ショートすると言うことは、原因の一つとして、打ち方が悪いと言うことが挙げられます。

カップに入れたいために、打ってすぐボールの行方を見てしまう、いわゆるヘッドアップです。

そのために、しっかりとしたフォロースル―が取れず、あと一転がりの所で止まってしまうのです。

何故、ショートパットを右や左に外してしまうのか?

2メートル以内のショートパットは、入って当然と思いつつ、同伴者の方に「入れごろ、外しごろだからしっかりね。ナイスパー、ナイスバーディー」なんて、先に言われてしまい、しっかり?外してしまう。なんてことも、多々ある事でしょう。

ショートパットは確実に入れたいのに、外してしまい悔しい思いを何度したことか。挙句の果て、3パットもしてしまうと、もうイヤ!なんて叫びたくなります。

外す原因は、ボールを打った瞬間にボールとカップを見てしまい、頭が動き、体が動き、目標と平行であった肩のラインも変わってしまうためです。

50~70cm位のパットの場合、ボールを見てもカップが見えるので、打った後にボールを追いかける事はありません。しかし、2メートル前後のショートパットでは、構えた時カップが見えないことから、不安なため打った瞬間ヘッドアップします。

そんなことが原因で、フェースの向きが変わり、左に引っ掛けたり、右に押し出したりしてしまうのです。

左に引っ掛ける人は、パターのヒール寄りにボールが当たり、フェースが閉じて左にゴー!また、右に出る人は、パターのトウ寄りにボールが当たり、フェースが開いて右にゴー!となっています。

ショートしないあと一転がりの出るパットの打ち方とは?

結論から言います。

あと一転がりのあるボールの打ち方とは、パターの芯でボールを打つことです!

そんなことは知っているよ!と言う方はたくさんいらっしゃることと思います。しかし、知識とは裏腹に、ほとんどの人がパターの芯でボールを捕えていないのが現状です。

そのために、あと一転がりが出ず、ショートしてしまうのです。

ちなみに、芯を外して打ったボールは、転がりの弱い(勢いの弱い)ために、ショートするばかりか、芝目やグリーンの傾斜などの影響を受けて、ラインを読んだにも拘らず、右や左に曲がり易くなります。

ボールを芯に当てるためには、ボールの下半分を打つと、勢いのある転がりボールが出ます。

多くの人は、ボールの上半分を打ってしまっているのです。

パターの芯でボールを当てるためには、手打ちはダメです。パターのストロークは振り子の原理で打つことです。

アイアンなどのショットは、上半身を回転させて打ちますが、パターの場合は、振り子の動きそのものです。

テークバックで右肩を上げ、フォロースル―で左肩を上げる。手ではなく、体の大きな筋肉で動かします。

このことにより、手打ちがなくなり、パターの芯でボールを打つ確率が高くなります。

500円玉位の大きさのプラスチック製のティーマークがあると思います。そのティーマークをボールに見立てて打つことも有効な練習方法です。

是非、試みて下さい。

転がりの出るストレートボールを打つパット練習

パットで右や左にボールを打ち出してしまう人は、フェースの芯でボールを捕えていないと言いました。

フェースが開いたり閉じたりするために、左右に曲がるボールになっています。

ボールに対してフェースがスクエアにヒットするための練習方法です。試してみて下さい。自宅で簡単に出来ますが、中々うまくいかないと思います。

これが出来るようになれば、ゴルフボールをパターの芯でヒットできるようになると思います。

ゴルフボール2個を用意します。床にくっつけて2個並べて置きます。そのボールを同時に打って下さい。

少しでもフェースが開いていると、(目標に向かって)右側のボールは上手く転がりません。また、反対にフェースが閉じた状態で打つと左側のボールは上手く転がりません。

2個同時に真っすぐ転がれば、スクエアにヒットしたのです。上手く打てるようになると、打音もキレイな音が出ます。気持ちいいですよ。

これを毎日練習してみて下さい。

パットが楽しくなると思います。

関連記事

  1. ドライバーのミート率を上げるスイング作り練習方法

  2. ロングアイアンを使いこなすための練習メニュー表3

  3. これからゴルフを始める人、ゴルフが上達しない人のゴルフ練習場メニュー表1

  4. ロングパットが簡単にはいる練習メニュー

  5. ミスショットを無くす打ち急ぎ

  6. ドライバーの飛距離が出る練習メニュー表4

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP