注目の記事 PICK UP!

ミスショットを無くす打ち急ぎ

ラウンドのある日の1~2日前に、ゴルフ練習場でのショット練習。ドライバーはナイスショットの連発で、納得を得ての帰宅。いざ、ラウンド当日では、練習場の当たりが出ず、ミスショットの連発。と言う経験はおありでしょうか?あるよ!と言う方は、ショックですね。何故、コースでは言い当たりが出ないの?と、悩んでいることでしょう。

練習場とラウンドでのショットは何故違う?

練習場では連続してのショットが可能なため、同じタイミングでスイングできます。しかし、コースではそうは行きません。当然のことながら、ドライバーは1回のみのショット。足元も練習場と違って、常に平らではありません。下がったり上がったりの傾斜が付き物です。

飛ばしてやろうとか、2打目でグリーンに乗せよう!なんて言う気持ちが強く出て、力みが生じます。そのために、練習場のような同じタイミングのスイングが出来ず、打ち急いでしまうスイングになります。

このうち急ぎが明らかに、練習場のショットとラウンドでのショットの違いです。

打ち急ぎとはどういう事?

打ち急ぎとは、スイングの早い遅いの強弱ではありません。例えば、テークバックでゆっくりクラブを上げて、ダウンスイングでは、ビュっと振ってしまうスイングですね。

それは体が十分捻る前に、グリップの位置(手元)がトップの状態になり、ダウンスイングが始まることです。言い変えると。

打ち急ぎとは、テークバックでトップの位置に持って行きますが、体が十分捻られていないにも拘らず、バックスイング体制に入ってしまい、スイングすることです。

低い位置のテークバックですね。

打ち急ぎを直すためにはどうするか

テークバックでは、上半身の捻りを最大にすることから始めます。そのためには、左肩を押し上げる様に上半身を回していきます。左肩がボールの位置を指す位置まで捻ります。

クラブはその動きにつられて、遅れて後からついてくるイメージで上げていきます。決してクラブ先行でのテークバックではありません。

このイメージで、クラブを上げることにより、左脇が締まった状態でのテークバックが出来ます。

十分捻ることによって、打ち急ぎが解消されます。

関連記事

  1. ドライバーのミート率を上げるスイング作り練習方法

  2. これからゴルフを始める人、ゴルフが上達しない人のゴルフ練習場メニュー表1

  3. ショートパットを確実に入れるためには、どうすればいいか?

  4. ドライバーの飛距離が出る練習メニュー表4

  5. ロングアイアンを使いこなすための練習メニュー表3

  6. ロングパットが簡単にはいる練習メニュー

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP