注目の記事 PICK UP!

ロングパットが簡単にはいる練習メニュー

パットにもアドレスがある

ほとんどのゴルファーは、ゴルフ練習場でのパットの練習はしていないことと思います。練習は、ラウンド当日のスタート前の5~10分、多い人で30分もしていないのです。

その日の転がる速さは解りますが、基本となる事が出来ていないため、その場しのぎとなっています。

まずは、初心者ゴルファーとは言いませんが、初心に戻ってパットの基本から学んでいきましょう。

カップを狙う時には、単にフェースの向きだけをカップに合わせている人がほとんどです。パットにもドライバーやアイアンと同様にアドレスがあります。

そのアドレスを正しく取った上で、狙ったラインを攻めて行きましょう。

目標ラインと正しく平行に立つためには、両足を揃えて立ちます。

自宅であれば、目標となる物を部屋の真ん中に置きます。ゴルフボールやペットボトルでいいでしょう。それをカップに見立てて下さい。

そして、立ち位置を変えてその目標に平行になるよう両足を揃えて立ち、アドレスして下さい。

正しく平行になるように出来たならば、足を少し開いてスタンスを取ります。最終的には、肩幅のスタンスで目標に平行に立つことが出来る様にして下さい。

これがパットの正しいアドレスです。

パットのストロークするための基本アドレス

カップと平行に立つライン取りの感覚がつかめましたか?

次にやる事は、スタンスの中にゴルフボールを置きます。ゴルフボールは左目の下に来るように、スタンスします。

パターを持ちあげて、肩とひじとグリップで五角形を作る形にします。両肘は、張り出すように構えます。

横から見ると直線になります。ひじを後に引いた形ではいけません。両肘は、前に張り出す感じです。

その時のグリップは、「パットに型なし」と言われますが、自分のフィットするグリップを見つけて下さい。

オーバーラッピングでもいいですよ。オーバーラッピングとは、右手の小指が左手の人差し指の上にある様に握った形です。

グリップのポイント①

左手でパターのグリップをしっかり握ります。右手は包み込むように当てるだけの様に握ります。

手首を固定して、動かないように握る事がポイントです。

この握りでゴルフボールを打ってみて下さい。

グリップのポイント②

軽く握る事によって、パットの重さを感じる握り方を見つけましょう。パットは、ドライバーやアイアンよりも軽いので、自由に操作が出来てしまいます。

重力に逆らわず、ぶら下げる程度に握るアドレスが出来れば、パチンと芯に当たるストロークが出来ます。

手首を使わない振り子のストロークを覚えましょう。

パットは肩のラインを意識したアドレスが大事

今までカップに対し、平行となるようライン取りをするアドレスを覚えました。ここでもっと精度を上げるための、パットのライン取りをします。

アドレスに入って何度かカップを見て、位置とラインの確認をします。その時、顔を目標に向け、またボールに目を戻します。

何度かそれを繰り返しているうちに、正しいアドレスが崩れ、平行でなくなってしまいます。

それは、顔だけを動かしているつもりが、上半身も微妙に動いてしまっているのです。結果として、右肩が前に出てしまい、目標と平行ではなくなってしまうのです。

そのままパットをすると、左へひっかけてしまうミスパットとなってしまいます。

これを修正するには、ストロークする前に顎を引くと同時に、右肩を若干後に引いてあげます。

その姿勢でもう一度ラインを確認するために、カップを見ます。窮屈ですが、その姿勢を保って下さい。確認できればストロークします。

これでミスパットは激減します。精度を上げて、パットのスコアをアップしましょう。

ロングパットの距離感とミスをなくすための練習

パターの距離感は、ドライバーやアイアンのスイングと違って、ストロークの大小で距離が違ってくるので、長くても簡単だ。と考えている人が多いのです。

確かにストロークの大きさだけを変えれば、違った距離が打てるので簡単と思いますが、そこに大きなミスが潜んでいます。

パットもドライバーやアイアンと同じアドレスであると、お伝えしましたが、ストローク(ショット)も同じです。

引く時にあるいは、振りだした後に、体が動いていませんか?いわゆる、スエ―です。体が前後に動いてしまうと、ストロークでボールを打つのではなく、単なる大きく振りだして押し出しになっている場合があります。

そのためにロングパットでは、距離感が合わず、いわゆる「ノーカン」となってしまうのです。

このようなストロークをしていると、ミス(トップやダフリ)も多く出ていることと思います。

ロングパットの距離感を出すためには、パットの芯でボールを捕える必要があります。芯でとらえる事により、大きなストロークも必要なくなり、力強い転がりボールとなります。

ここで、自分のパターンの芯がどこにあるかを確認しましょう。

パターを手に持って、上からゴルフボールを落としてみます。一番よく弾む所が芯です。弾く音も一番キレイな音がします。是非、確認してみてください。

ゴルフボールを芯でとらえるためには、手打ちではいけません。背中の大きな筋肉を使って、小さなストロークで安定した転がりボールを覚えましょう。

また、ミスを防ぐためには、左手一本、右手一本のストロークを繰り返して、左手と右手の役割を覚えます。

そのためには、手首を使いすぎないことです。

パターのフェースにボールにスクエアに当てることが出来れば、スムーズなストロークで、ミスは激減してきます。

パターのトップはあまりありませんが、ダフリは結構あるんですよ。パットのダフリは、とても嫌な気分になります。「オレは、バカだ!」なんて、思ってしまうこと、あったことと思います。(笑)

関連記事

  1. ドライバーのミート率を上げるスイング作り練習方法

  2. ドライバーの飛距離が出る練習メニュー表4

  3. ショートパットを確実に入れるためには、どうすればいいか?

  4. これからゴルフを始める人、ゴルフが上達しない人のゴルフ練習場メニュー表1

  5. ロングアイアンを使いこなすための練習メニュー表3

  6. ミスショットを無くす打ち急ぎ

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP