注目の記事 PICK UP!

ロングアイアンを使いこなすための練習メニュー表3

ボールを捕まえやすくするには?

ロングアイアンは、ロフトが立っているために、ボールがつかまりにくく、また、上げにくいために、苦手意識の人が多いのです。

最近はユーティリティのクラブも随分普及していますので、尚更、ロングアイアンを使う機会がなくなってきました。しかし、ロングアイアンを使いこなせるようになると、様々なラウンドのシーンで幅広くクラブを使うことが出来るので、是非、マスターしておきましょう。

アドレスでは、ボールをスタンスのセンターより1個半分左足よりに置きます。その時、グリップエンドは、左足太ももの付け根を指していることを確認してください。

ロングアイアンを打つ時のコツは、ダウンブローのように、上からたたくイメージではなく、FWのように払い打ちのイメージでショットします。

ボールの手前、2~3cmから滑らせるようにヘッドをいれ、インパクトゾーンを長く取る様にします。そのためには、ボールの右側を見て、右から払い打つことです。

ボールの手前3cmと言うことは、仮想ボールがスタンスのセンターにあると言うことになります。そのセンターにある仮想ボールを打つ様に、ヘッドを滑らせてくると、実際のボールにインパクトした時は、ヘッドが加速している状態であり、かつ、ヘッドが閉じようとしている場面でもあるため、ボールがつかまりやすくなります。

苦手意識を捨てて、是非、ゴルフ練習場のメニュー表に加えてトライしてください。

 

 

 

 

ユーティリティーを得意クラブにしよう

ユーティリティーは、ウッドとアイアンのいい部分を合体させて、使いやすいクラブとなっています。

フェアウェイウッドが苦手、ロングアイアンも苦手と言う人にピッタリのクラブと言えます。

クラブヘッドはアイアンに似ていますが、ロングアイアンよりも大きくて低重心の構造になっているので、ロングアイアンよりもボールが高く上がります。

また、フェアウェイウッドの様に、スイートスポットが広い割には、アイアンショットの様にスイングすることが出来るので、方向性を求める時にも使うことが出来ます。

ユーティリティークラブは、アドレスで構えてみると、スイングしにくいクラブに思えますが、そんなことはありません。食べず嫌いみたいなものです。

余裕があれば、バックの中にユーティリティークラブを用意しておきたいものです。

関連記事

  1. ドライバーの飛距離が出る練習メニュー表4

  2. ドライバーのミート率を上げるスイング作り練習方法

  3. これからゴルフを始める人、ゴルフが上達しない人のゴルフ練習場メニュー表1

  4. ロングパットが簡単にはいる練習メニュー

  5. ミスショットを無くす打ち急ぎ

  6. ショートパットを確実に入れるためには、どうすればいいか?

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP