注目の記事 PICK UP!

パットの苦手意識をなくす自宅練習が上達の道

パットは自宅の練習が大事

バンカー同様、パットも苦手だ!という人も多いと思います。

その理由は何でしょう?

パットは感覚的なもの、距離感がうまくつかめない、芝目が読めない。等々あるかと思います。

また、練習場へ行ってもパット練習をする人はあまり見かけません。(パット練習する場所がない練習場もあるためでしょうね)

これでは上達が望めませんよね。

しかし、ドライバーやアイアンと違って、パター練習は自宅で出来るので、是非自宅で練習してください。やればやっただけ、必ず上達します。

パットのポイントはグリーン周りを把握すること

ボールがグリーンに乗ったら、ただグリーンに行くだけではいけません。
グリーンにたどり着くまでの間に、グリーンの傾斜や芝の状況を見ながらグリーン上に行ってください。

グリーン上では、ボールの横方向や前と後ろからボールがどんな状況に置かれているか確認します。

ただ漠然と見るだけでは、グリーンの状況を判断できません。
これを行うことで、芝目が見えてきます。

パットの握り方は、いろいろあり人それぞれですが、基本的なことは手首を使わないことです。

ストローク中は、手首を固定して動かないよう握ることが大切です。
ヘッド軌道がブレず、スムーズに打つことが出来ます。

アドレスしたら両肘を少し前に出す感じで、左右対称の形を作ります。
この形のままストロークします。形を崩してしまうと、方向性が悪くなりますので注意しましょう。

目標取りは、左手の甲を目標に向けて取ります。


ボールを打つときは、ボールのセンターをヒットするよう心がけてください。
その際、パットのスイートスポットに当てることが出来れば、芝の影響を受けない力強いボールとなって転がります。

また、ボールを打つときは、左目でボールを捕らえて、アイアンなどと同様に肩のラインや腰、膝を目標と平行にしてください。

ストロークがスムーズになり、引っ掛けや押し出しがなくなります。
ヘッドアップにも気をつけましょう!

ミスを減らすことが、パット攻略です。

まだまだお伝えすることがありますので、楽しみに次回までお待ちください。

関連記事

  1. ショートパットは確実に入れたいそのストローク法

  2. 3パットしない距離感とコツを覚える

  3. スリーパットを防ぐためには!?

  4. プロ直伝強気の入れるパット術

  5. グリーン上のパットラインの読み方を教えます

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP