注目の記事 PICK UP!

プロ直伝強気の入れるパット術

ヘッドは低く、そして長く出すパターのフォロースル―。一般的にそう言われていますね。でも、その概念を覆して、アッパーブローに打つプロゴルファーがいます。過去3年間での平均パット数は、常に1位~3位以内。なるほど、凄いですね。

そのアッパーブローで打つパットって、どんな打ち方何でしょうか?紐解いてみましょう!

アッパーブローで打つパットとは?

ボールの転がりを良くするためには、パターの芯で打て!と言われます。転がりが良くなれば、ショートせずに、カップインの可能性が大きくなります。

しかし、そこにはちょっとしたミスの原因が潜んでいると言います。それはボールをパターの芯でヒットした瞬間、出だしは、ボールが回転しないで滑って出て行くのです。

その後、回転運動がはじまり、カップ目指して転がっていくのです。その滑った時(回転しない時)に目標としているラインから外れてしまうと言うことです。

それならば、最初から回転させよう!と言うことで、オーバースピンをかけるアッパーブローで打つパットなのです。

具体的には、パターの芯でボールの中心(赤道)を打つのではなく、ボールの上半分の部分をパターのヘッドの下の部分でヒットさせるのです。

これって、難しくねぇ?

と、ぼやきたくなりそうですね。アマチュアの私たちには、そんな高度なテクニックは、出来ないんじゃないの?

そもそも、パターの芯を食う事がない!んですよね~!!悲しいかな、パターだけではなく、ドライバーやアイアンも芯を食う事はめったにない!(泣)

まぁ、知識として、知っているのと知らないのでは、大違いなので、やっぱり知っておいて、練習してみるのもいいのではないかと、理解しましょう!(笑)

アッパーブローの練習方法

まずは、引っかけない様にするために、その練習から。なんだよそれ!と言いたくなりますが、まあまあ、抑えて押さえて。

引っかけって、みんな結構そのミスをしているんですよね。ショートパットで引っかけて、あちゃー!なんて、多いので。とりあえず、練習しましょう。

ヘッドを浮かせて構えて下さい。そのまま、ボールを押し出して転がします。何回も繰り返して、ボールがまっすぐ転がるようになったら、普通に打ってみます。

手首をこねたりしない(使わない)ので、引っかけがあまり出なくなります。

次に、オーバースピンのかけ方の練習ですよ!

自宅で出来るので、どんどん練習しましょう!

用意するものは、厚さ1センチの板若しくは人工芝。長さと幅は、30センチ×10センチ位のもの。です。100円ショップやゴルフショップで購入できますので、お求めください。

その板の先にボールを置いて、板の上をパットを滑らすように打ちます。板の先にボール置くことで、パターの下部がボールの赤道、もしくはその上の部分をヒットすることになります。

板にダフらないように、ストロークする事が大事です。

おぉ~!これで、オーバースピンがかかるボールが打てる!となって欲しいものですね。
なんにせよ、練習は大事です。特にパット練習は普段しないので、自宅で、隙間時間を見つけて練習しましょう!

今日もゴルフに行って来ましたが、あと1センチ、転がらないパットが数回。これは悔しいですね。

たかがパット、されどパットでした。

関連記事

  1. 3パットしない距離感とコツを覚える

  2. パットの苦手意識をなくす自宅練習が上達の道

  3. スリーパットを防ぐためには!?

  4. グリーン上のパットラインの読み方を教えます

  5. ショートパットは確実に入れたいそのストローク法

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP