注目の記事 PICK UP!

スリーパットを防ぐためには!?

ナイスショットをして、2オン・3オンでボールをグリーンに乗せることが出来ても、パットで3パットをしてしまえば、100切りはまだまだ遠い世界です。

そこで3パットを防いで、方向性と距離感を出せるヒントを教えます。

ボールの位置が3パットしない基本

アドレスをしてパットが出来る姿勢を取ってください。その時のボールの位置はどこにありますか?目の下にボールがあれば、正しいボールの位置です。

理由は、ストロークがスムーズに出来るからです。ストロークがスムーズに出来れば、パターの芯でボールを捕らえる確率が高くなります。

反対に正しくない位置は、目の外側(上方向)と目の内側(下方向)です。

ボールが外側にあると、腕が離れすぎて腕に頼ったストローク(手打ち)になり、方向性が悪くなります。また、逆のボールが内側にあると、腕と体がくっつきすぎてストロークが窮屈になります。

そのため、ボールの位置は、目の下に置きましょう。

グリップは両手の手のひらで握る

パター以外のクラブは、左手の3本の指(小指・薬指・中指)でしっかり握り、あとの指は添えるだけですが、パターの場合は、指ではなく、手のひらで握ります。

手のひらの生命線に沿って、グリップをあてがう様に包み込んで握ります。左右の手のひらのプレッシャーは、同じ力で握ります。

こうしてバランスよく握ることで、距離感を出すことが出来ます。

距離感を確実に出すストローク

パットは方向性も良くなくてはいけませんが、距離感を確実に出すことも大事です。

目の下にボールを置き、グリップもセットし、アドレスは完了しました。この状態から次は、両腕を体につけて、両肘を体の脇からやや前に置き軽く締めます。

これで体と腕が一体となって動きます。両肘はあくまで軽く締めておきます。あまり締めすぎると、ストロークがぎこちない動きになってしまいます。

その状態を作ったら、ストロークしてみます。ストロークは、背中に1本の軸を通したイメージを持ち、その軸を中心に肩を左右に動かします。

この時、その軸が左右にブレない様に気をつけてください。ストロークは、途中で緩めることなくしっかりとインパクトまで振って下さい。

そして、距離感を出すには振り幅の大きさで調整します。ストロークの強弱ではありません。ストロークの強さは常に一定です。振り幅で距離感を出します。そして、距離は、自宅などで自分の振り幅から距離感をつかんで、練習してください。

しっかりと打つことで、芝に負けない力強いボールとなります。

芝目のラインの読み方

芝目のラインを読むことはとても大事です。パットのストロークで、方向性や距離感がしっかり出来ても、ラインを読めず、あさっての方向にボールが転がっては、元も子もありません。(笑)

そのために、しっかりと芝目のラインを読み取れるようにしましょう。

ラインを読む手順ですが、まず最初にグリーン全体を見渡して、傾斜がどの方向に向いているのかを確認します。そして、

1.ボールの後方、3~5メートルの位置に立ち、カップのある方向を見ます。この時も傾斜を良く見て、確認します。上りや下り、カップ周りの傾斜を注意深く観察してください。

そして、この方向からのラインを読みます。スライスラインかフックラインか、など。答えを出します。

2.次にカップの反対方向に行って、再度傾斜を確認します。この時もカップより3~5メートル離れて確認します。そして、ボール側から見たラインと同じかを確認します。

違っていれば、1の動作に戻り再度確認します。

3.ボールとカップを結んで、その直角の位置に行きます。グリーンの低いほうです。下から見ることにより、ラインを確実なものにすることが確認できます。

最後にボールの位置に戻り、読んだラインどおりにストロークします。

ラインを確認するトップ時は、立って見るのではなく、しゃがんで確認することです。しゃがんで低い位置から見ることによって、ラインを良く見極めることが出来るからです。

3パットは悔しいパットです。3パットを防いで、1日も早く100切りを目指しましょう。

 

 

関連記事

  1. プロ直伝強気の入れるパット術

  2. グリーン上のパットラインの読み方を教えます

  3. 3パットしない距離感とコツを覚える

  4. パットの苦手意識をなくす自宅練習が上達の道

  5. ショートパットは確実に入れたいそのストローク法

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP