注目の記事 PICK UP!

ゴルフデビューのためのメンタルトレーニング

ゴルフトレーニングはメンタルから始めよう!

いよいよ明日は、ゴルフデビューの日です。日頃、一生懸命練習している成果を試す日でもあります。

しかし、練習を積んでなんとか人並みにショットが打てるようになった。とは言え、前日の夜は不安がいっぱいです。

「練習通りのショットが打てるだろうか?」「ちゃんとドライバーが当たるだろうか?」「スタートホールの事を考えると不安でいっぱいだ」などなど・・・。

不安が不安を呼んで、益々不安になってしまいます。(あ”~不安!)

ゴルフデビューの時は、誰でも不安で緊張するものです。私もそうでした。なんで、遊びに行くのにこんな不安や緊張しなくてはならんのか!と、思ったほどでした。(笑)

そんな時は、こう考えましょう!

練習場では、たくさん練習してきました。ショットもまずますです。ベテランのゴルファーでもラウンド中ミスをたくさんすると聞きます。プロゴルファーでもミスが出ます。

まして私は、初心者ゴルファー。そして、明日がゴルフデビューの日。ミスは必ず出る事でしょう。しかし、ミスは引きずらない。

心は前向きです!と、まずは、あまり気にしない事をオススメします。臆せずにラウンドする事が大事ですよ。

ゴルフデビューに当たっては、テクニックの練習はしてきました。これからもいっぱい練習することと思います。それは、それでいいのです。続けて下さいね。

それと並行して、メンタル面のトレーニングを一緒に進めて行きましょう。

メンタル面のトレーニングによって、自分の実力を十分発揮する事が出来るようになります。

メンタルが強くなれば、スコアアップも簡単です。先輩達をゴボウ抜きにしてしまいましょう!

ゴルフデビュー前夜のメンタルトレーニング

明日はいよいよゴルフデビューの日。
とうとう前日になってしまいました。今からドキドキ、ソワソワ、ワクワク?している事と思います。

そんな時は、明日のラウンドのためのラウンドリハーサルをしましょう!

ゴルフデビューと言う事なので、初めてのコースと思います。ゴルフの予約サイトやラウンドするゴルフ場のホームページからコース状況の情報を得ます。

そして、スタートホールと難しいホールなどいくつかのホールのコース状況をメモします。避けたい場所、打ってはいけない場所、ここに落とせば安全と言う場所等々。コースレイアウトもあった方がいいですね。

そのコースをイメージしてショットをします。思い通りの場所に落とす事がイメージ出来ましたか?ナイスショットで、フェアウェイ真ん中にボールを運んだ、そんなプラスのイメージを作って下さい。ミスショットのイメージはダメです。

中々イメージできなくても、繰り返すことによりイメージがより鮮明になってきます。このイメージが大事なのです!

夜、寝る前にお布団の中でイメージしましょう。

そのうち眠りに陥りますが、潜在意識の中に入り込み、あなたのショットの上達に繋がっていきます。

これは心理学的にも実践されていることです。

メンタルのイメージトレーニングです。でも、興奮しすぎて眠れなくならない様にして下さいね。(笑)

就寝前のほんのひと時のゴルフ練習です。毎日の日課にしてみましょう!メンタルトレーニング!効果は期待できます!

ゴルフデビュー当日のメンタルトレーニング

朝のお目覚めはいかがですか?

今日は晴れてゴルフデビューの日。待ちに待った日ですね。

ゴルフ場には早めに行きましょう。車の渋滞などに巻き込まれて遅くなってしまうと、ゴルフ場に到着してから慌ててしまいます。なので、少なくともスタート時間の1時間前には着きたいものです。

慌ててしまうと、今まで準備していた事が頭の中から飛んでしまったり、行動の歯車が狂ってしまいます。

夕べのトレーニングを思い出して、リラックスしてプレーに臨みましょう!

受付と着替えを済ませて、クラブハウスを出たならば、まず体の準備運動です。体を十分温めて動きが切れるようにアップしておきましょう。

ショットに不安があれば、練習場でショット練習をしてもいいですね。

得意クラブだけでもいいですよ。ドライバーショットも打ってみましょうか。今日の球筋を確認してください。

練習でのミスショットは気にしないことです。

さて、スタートホールです。

スタートホールでは、他の人達も集まり、自分のショットの順番を待ちます。心なしか、皆、緊張気味です。緊張しているのは、今日ゴルフデビューするあなただけではないので、安心して下さいね。

ここでメンタルトレーニングです。

「力を抜いて、スイング。大丈夫!当たる」と心の中でつぶやいて下さい。
そして、自分の事だけに集中して下さい。繰り返してつぶやいて下さい。

周りをキョロキョロ、ウロウロしていると、自分を失います。俺の(私の)ドライバーショット、凄いよ、見ていてね!位の気持ちを持ちましょう。

大事な事は、周りの人達を気にせず、自分の覚えたショットを実践するだけです。
そのショットは、思いっきり叩くのではなく、「力を抜いて」です!!

さあ、あなたの出番です!行ってらっしゃい!

カキーン!

おっ!!○○さん。ナイスショット!

第1打目のスタートホール。無事スタートを切りましたね!今日1日、「力を抜いて、スイング。大丈夫!当たる」と心の中でつぶやいて、頑張りましょう。

ミスショットしても、OBでなければ、OKです。ミスを引きずらないで、次の事を考えましょう。

スタートホールがナイスショットで、好スタートが切れたあなたは、今日1日が楽しい1日です。その楽しい気持ちを持って、ラウンドして下さい。

これがメンタルトレーニングです。

私と言えば、デビューのスタートホールは、3回もショットをさせて頂きました。(笑)

そのお話は、つぶやきにありますので、時間がある時にご覧くださいませ。

自分のプレースタイルを明確にしてラウンドに臨む

ゴルフデビューのスタートホールは、無事にティーショットが終わり、無難なスタートが切れた事と思います。

でも、これで安心しないでください。(まずはホッとしたことでしょう。つかの間の安心に浸って下さいね。)

これから1日、18ホールを他の人達に負けず劣らず、また、遅れずにコースを進んでいくのですから。

話は前日に戻りますが、ゴルフ場のデータ取得が済んでいると思います。そのコースデータから、明日あなたがラウンドするコースについてメモして行きましょう。

メモの内容は、例えば「池があるホールは絶対池に入れない」と簡単なメモでいいのです。

また、「OBは絶対しない」「ミス(特にダフリ)は絶対しない」などなど。

自分で出来る事を2つ~3つ程度、メモしてその日のラウンドの目標として下さい。目標を文字として明確にすることで、心の底にインプットされて、自分の理想のショットに近づいて行きます。

もう1つ大事な事があります。「池に入れない」と言う目標を立てて、やはり、デビュー戦、池に入れてしまいました。

そんな時、ここは無理は禁物です。池ポチャを挽回しようとして、不慣れな3番ウッド(スプーン)を抜いて振りまわす。今度は、OBでした。と言う可能性が高いのです。

ここは距離を稼ぐのではなく、刻んでも確実にグリーンに近づくよう、自分の得意なアイアンでのショットをすることが大切です。

取り戻そうとする焦りの気持を冷静にする事が、メンタルトレーニングになります。

関連記事

  1. メンタルトレーニングでゴルフが上手くなるための心構え

  2. ゴルフで100が切れない本当の理由

  3. ゴルフの緊張を取るメンタルトレーニング

  4. ミスショットを防ぐ心のマネジメント

  5. 100が切れない人はドライバーの飛距離を知ることです!

  6. ゴルフが上手くなる秘訣はイメージトレーニング

  7. ゴルフのスコアを崩さない心のマネジメント

  8. ゴルフはメンタルトレーニングの重要性で上手くなる

  9. ゴルフのラウンド中にプレッシャーを感じ始めたら

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP