注目の記事 PICK UP!

中高年からゴルフを始めるレッスンに行きました!

ゴルフレッスンに参加しようと決めてからは、何処の練習場が良いかいろいろ調べました。自宅に近いこと、レッスン料は安いか、教えが上手いプロか?などなど。

でも、パンフレットだけでは分からないので、1回のみのレッスンを幾つかのゴルフ練習場で参加してみました。そうすることで、何処のゴルフ練習場がいいのかが分かりました!

中高年初めてのゴルフレッスン初日

こうして決めた、ゴルフレッスンをしてくれる練習場。今日はレッスン初日です。ドキドキしながら行ってきました。

スクール、初日です。

緊張しながらゴルフ練習場へ行きました。みんな若い人たちばかり。。。と思いきや、結構、年寄りもいるぞ!!^^

なんだ、半分はジイとバアだ。ほっとした瞬間でした!(笑)

よかった!いっぱい、いるいる。ジイとバアが。良かった!(ごめんなさい!失言でした)

こうして、レッスンプロに教えてもらうこと2年。プロのおかげで、常にとはいかなけど、90台が出るようになりました!

でも、レッスンを受けて半年は、全然ボールが当たらなくなりました。それだけ、修正されたんだよね。

やっぱり、レッスンは受けよう!!!

 

ゴルフをしたことがない方にオススメのゴルフレッスン ⇒ ゴルフレッスンを見てみる

【女性】20代・30代・40代 【男性】20代・30代・40代・50代

 

レッスンプロは、30代くらいの人です。ちょっとカッコイイかも!なんて思いながらクラブを振っていると、早速、プロが教えに回ってきました。

ゴルフスイングのためのボディーターンを学ぶ

とかくゴルフを始めた初心者は、腕や手先でクラブを振ってしまいがちと、プロいわく。(ゴルフを始めたばかりの初心者じゃないんだけど・・・と思いつつ)

ハイ、分かりました。と、お返事。(笑)

まず、ボディーターンから学びましょう!と言うことで、早速教えてもらいました。

① 背骨を中心として、肩を水平に回します。 (右 ⇒ 左)の繰り返しです。

② 膝を軽く曲げて、肩を水平に回します。

膝を曲げる角度は、その場でジャンプして着地した時に、曲がるくらいの角度。(突っ張らず深すぎず)

肩を右に回すと、軸足は右足となる。肩を十分回し、(顔はボールを見続けている)トップの位置になると、右足の内側が強く張るのが感じられる。

体を回せば、手は勝手についてくる。

③ 軸がぶれないように、常に意識をしてボディーターンをする。

アドレスからトップへ。トップからインパクト、フォローへ ⇒ この流れの中で、軸がぶれないことが大事。

ボールの位置

プロから、ボールを置いて、アドレスしてくださいと言われ、構えてみました。

プロいわく、「ボールの位置が体から離れすぎ、遠すぎます!」でした。

遠すぎると、手打ちになるので適正な位置を自分で覚えてください。とのことでした。

確認方法:

膝を曲げアドレスして時に、腕の力を抜いてダランとさせます。その時の位置が、グリップです。

なるほど、今までのアドレスは、ちょっと遠かったです。

アドレスで大切なこと

① アドレス

プロから、目標方向を向いてアドレスを取ってください。と言われ、アドレスを取ると、プロいわく。

プロが私の後ろに立つと、目標の左方向を向いています、とのこと。

右肩がかぶっていたのです。「右肩を引いて、肩のラインを目標と水平にしてください」でした。

② クラブフェースの向き

クラブフェースは、目標に対し直角にセットします。

ドライバー:フェース面が上を向く感じで、直角にセット

アイアン:フェース面にある線が目標と直角にセットする

ほほ~

ゴルフスイングの基本

プロ:それでは、7番アイアンを持ってちょっとスイングをしてみましょう!でした。

アドレスで構えて、テークバック~トップ、ダウンスイング~フォローへと一連の流れのスイングをしました。

プロ:テークバックで、左ひじが硬いです。と、一言。

硬いとは、なんのこっちゃ??

硬いとは、テークバックの時に左腕が伸びて、突っ張っていると言うのです。左ひじは、もっとゆとりを持たせて少し曲がるくらいの状態でテークバックをして、トップまで持っていくのが、理想ですとのことです。

そうしないと、ヘッドの重さが感じられないので、スイングが上手くいかないそうです。ショットが安定しないことに繋がるそうです。

それでショットすると、アイアンでは左へ引っ掛け、ドライバーではチーピンとなります。

理由としては、左ひじが突っ張っているために、フェースがクローズとなり、インパクトではもっとクローズになります。と言うことでした。

なるほど、なるほど・・・

更に言うと、テークバックでゴルフクラブ(シャフト)が地面と水平になった時、クラブとフェース面は飛球線と平行になります。しかし、左ひじが突っ張っているために、フェースがかぶり下を向いた状態になるとのことです。

左への引っ掛けやチーピンの原因ですよ~。

両腕の力を抜くためにも、肘は軽く曲げた状態が良いそうです。

ハハア~・・・

今日のドリルボディーターンを覚える

① 足を閉じて真直ぐ立つ。肩にクラブを担いで、右 ⇒ 左 ⇒ 右 ⇒ 左とまわす(水平にまわす)

② 足を開いて前傾する。肩にクラブを担いで、右 ⇒ 左 ⇒ 右 ⇒ 左と肩を十分まわす(水平にまわす)
右足の内側(もも)に強い張りを感じる。

プロのコメント:ボディーターンのスイングでは、アプローチもドライバーも同じです。

③ 左ひじを突っ張らないでテークバック。そのままトップまで上げることを覚える。

④ ドライバーで連続スイングをする。

一定のリズムをつかむために、トップ、ダウン、トップ、ダウンの繰り返しを行う。

インパクト以降で、ビュンと言う風きり音がするスイングをする。その際、腰を思いっきり回して切ること。

以上が本日のレッスンでした。時間にして2時間。打ったボールは、300球近いボールです。つ、疲れた!

レッスン終了後の感想

基本的なことが、何一つ出来ていない感じでした。と言うか、今まで自分で勝手にスイングしていたのですね。これから、基本をみっちり教えてくれると思います。

次回も、頑張ろう!!

関連記事

  1. 100切を目指す!40歳過ぎてから始めたゴルフレッスン

  2. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP