注目の記事 PICK UP!

ボールがつかまるアイアンショット

アイアンでボールをしっかり捕まえるためには、正しい手首の動きが大事です。手首を使ってショットした場合、仮にボールが捕まっても、安定しないショットばかりになってしまいます。

こんにちは。

サイト管理者の「テラ」と申します。ゴルフをこよなく愛している、今は昔のイケメンです!?(笑)

このサイトは、これからゴルフを始める方やゴルフを始めて間もない、初心者ゴルファーさんのためのサイトです。ゴルフが上達しないとか、ゴルフが面白くない人に特に見て頂きたいと思います。

初心者だったテラが、100が切れた時の経験などもどこかに隠れていますよ。(笑)

見て頂くうちに、ヘタでもゴルフが面白くなる、そんな情報をお届けします。

ゴルフを始めるための情報から、美人さんゴルファーの紹介、コースマネジメントなど、盛りだくさんの内容です。好きなカテゴリから読み進めて下さい。

目指すは、あなたのスコアの100切りと、ヘタでもゴルフが面白くなるゴルフ愛を一緒に育てましょう!

ボールが捕まる手首の動きとは

プロのトーナメントの試合では、プロのスイングをスローで再生していますね。その時のスイングを良く見てみると、インパクトの後のフォローに向かう動きでは、左手が返り、右手を被せているように見えます。

手首を使って、グッと返しているようですが、スイングでは手首を使っていないのです。そう見えるだけで、自分の意思で自ら手首を返したり被せたりはしていません。そう見えるだけ。

・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・

そうなんだ。と思うのも無理ありませんね。スロービデオで実際そう見えるのですから。???ですね。

しかし、プロの意見を集約してみると、皆さんそれぞれですが、そういう意見が大半です。と言うことは、そうなんですね。意識して手首は返したり、被せてはいないと言うことです。

では、どういうことなのでしょうか?それはこうなのです。

手首を使っていないと言っても、スイングの中では手首は動いています。それはコックの動きです。コックの動きが無ければスイングは上手くできません。と言うことで、コックの方向が大事なポイントなのです。

ボールを捕まえるためのコックの動き

まず、正しいトップの位置のコックの形を再現してみましょう。ゴルフクラブを握り、剣道の竹刀のように構えてください。グリップエンドはおへその高さ、クラブヘッドは胸の高さ位です。

その構えから体を捻り、トップの位置までクラブを上げてください。その時の構えがコックの正しい方向です。体は水平に回りますが、手首は縦方向に曲がっています。(折れます。)

トップの位置ではこの角度まで、手首のコックが入っています。そして、ダウンスイングでは縦方向に折れていたコックを元に戻せはOKです。

ここが間違えやすい所で、コックは甲側や手のひら側に手首が折れてしまう人は、ミスショットが出やすくなります。

トップの位置の手首の形

アドレスした時の手首の形を確認してください。手首は甲側や手のひら側には折れていないと思います。縦方向に角度がついていると思います。この角度を保ったまま、トップの位置にゴルフクラブを上げて行けばいいのです。

そして大事なことは、手首の角度が甲側や手のひら側に折れてはいけない、と言うことです。

インパクトでの形

インパクトでは、アドレスの再現とよく言われますが、そう入っても中々再現できません。(厳密には再現ではないのですが)グリップの位置が体の正面に来たときに、インパクトが出来れば大丈夫です。

しかし、スイング中に手首を使う動きが出ると、正面でのインパクトが出来なくなります。ポイントは、左手を意識してグリップをアドレスの位置に戻す様にすると、確率が高くなります。

 

 

ダウンブローのスイングを身につけて飛距離を安定させる

アイアンはドライバーの様に飛ばすクラブではなく、定めた場所にボールを運ぶクラブです。そのため、番手ごとの距離を確実に出すことが求められます。

また、アイアンはスイングの最下点手前で、ボールをヒットさせないとボールは番手の飛距離が出ません。いわゆる、ダウンブローで打つと言うことですね。

ダウンブローは、上から打込み過ぎてもいけません。スイング軌道が鋭角になり過ぎてしまいます。

インパクトでは、ハンドファーストの形(ボールの左側にグリップが出た形)が出来ていれば、理想です。

スタンスは肩幅で、それ以上広くても狭くてもいけません。体の回転が上手く取れません。

ボールの位置は6番アイアンまで、スタンスのセンター、5番から3番までは、それぞれボール1個分左へずらしていきます。

ゴルフ練習場で練習する場合の使用クラブは、ミドルアイアンの7番がいいでしょう。

関連記事

  1. アイアンが番手通りの距離が出ない人

  2. アイアンでトップとダフリを直すショット

  3. アイアンがもっと上達する基本

  4. ダウンブローの打ち方

  5. 確実にナイスオンするアイアンの打ち方

  6. アイアンシミストップとダフリを無くしてスコアアップ

  7. ゴルフアイアンダウンブローの打ち方

  8. つかまるアイアン5番を使いこなすショット方法

  9. アイアンをマスターしてスコアアップ

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP