注目の記事 PICK UP!

ロングアイアンが上手く打てるグリップ

ロングアイアンとは?

ロングアイアンは、1番手から3番手までのクラブを言います。
距離が欲しいときに使うクラブですが、人によってはドライバーより苦手意識があります。

難しいクラブですが、使いこなせればあなたの武器となるクラブです。

ロングアイアンの打ち方

ロングアイアンを打つには、5番ウッド(クリーク)を打つときのように、ヘッドを滑らせて払い打つといいでしょう。

ロングアイアンは、上から叩くダウンブローではいけません。何故か?それは、ロフト角が生かせないためですね。

飛距離も落ちてしまいます。

ボールを打ち込むと言う意識は持たず、クラブフェースはかぶせない方がいいでしょう。

※ダウンブローとは?

ゴルフボールを上から叩くように打つ。または、ダウンスイングの最下点より手前で、ゴルフボールをヒットすること。

ボールが捕まらない時はグリップを変えてみよう

ロングアイアンが上手く打てない時は、グリップを変えてみましょう!ボールが上手く捉まり、気持ちよくヒット出来るようになります。

グリップはストロンググリップにします。左手のこぶしがすべて見えるほど、右に捻りクラブを握ります。普通は、左手の人差し指と中指のこぶし2つ程度見えるのですが、もっと極端に4つ全部見える様に握ってみて下さい。

凄く違和感があり、これでスイングできるのか?と思う位極端にします。

グリップを短く持って、(5センチ位短く持ちます)ボールを打ってみます。その際は、ティーアップして下さい。ピシピシと芯に当たる音がして、気持ちよくボールが捕まると思います。

もし、まっすぐ飛ばず、左に引っ掛け気味であれば、左手を少し戻してみます。(調整して下さい)自分の位置を見つけて下さい。

左手リードは忘れないでくださいね。(笑)

上手く当たるようになってきたら、徐々にスクエアグリップに戻して下さい。

 

関連記事

  1. アイアンショットの精度をマスターする

  2. アイアンでトップとダフリを直すショット

  3. アイアンシミストップとダフリを無くしてスコアアップ

  4. ボールがつかまるアイアンショット

  5. ゴルフアイアンダウンブローの打ち方

  6. アイアンで安定した飛距離と方向性を確保する

  7. つかまるアイアン5番を使いこなすショット方法

  8. アイアンがもっと上達する基本

  9. ダウンブローの打ち方

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP