注目の記事 PICK UP!

アイアンがもっと上達する基本

アイアンの苦手意識をなくす

アイアンは簡単です。苦手意識をなくそう

アイアンはピンを直接狙うゴルフクラブとなります。そのため、方向性と距離感が絶対となります。
ドライバーと違い、それ程難しいクラブではありませんが、それでもアイアンを苦手にしている人は多くいます。

例えば、「アイアンは好きだけど、あまり飛ばない」「ロングアイアンは難しい」「ミドルアイアンからロングアイアンは、ボールがうまく捉まらないし、上がらない」

などなど、難しいと言うイメージが付きまっとっているようです。

しかし、アイアンをうまく使いこなせるようになると、デッドにピンを狙えるため、スコアアップにつながります。

基本をしっかり学んで、常に安定したアイアンのスイングを作って下さい。

アイアンの基本は、テークバックからトップまでとインパクトからフォロースローの振り幅、言葉を変えると、左右対称の振り幅のスイングが基本です。

スイングの最下点の手前でゴルフボールをヒットすることです。

アイアンのボールの位置は番手で違う

ボールの位置は、ゴルフクラブの番手(クラブナンバー)で違います。
これを間違ってしまうと、必ずと言っていいほどミスを犯します。

アドレスの時点でミスを犯していると気が付かない程、安易になってしまうのがボールの位置です。

アイアンで一番大切なことですので、確実に覚えて下さい。

ゴルフボールの位置は、6番アイアンでスタンスのセンターになります。
そこから1番手大きなクラブになるにつれて、ボール半個分左足側に寄せて行きます。
5番・4番・3番です。次はドラーバーになりますが、この位置にくると、左足かかとの位置になります。

また、6番以降ピッチング(P)までは、6番と同じスタンスの真ん中となります。
6番がセンターと覚えておけば、何番手であろうがアドレスで迷うことがなくなります。

実践して下さいね。

ピンを狙う目標取りは、アイアンショットの精度を左右する

アイアンはピンに絡めていくクラブです。
アイアンに限らず、ドライバーでも言える事ですが、アドレスでは目標方向に対してまっすぐ(平行)に構えます。

まっすぐ構えること。ピンを目標にしてアドレスをしてはいけません。
遠すぎて、自分ではまっすぐと思っていても、実は左を向いていたり、右を向いていたりしています。

あなたなら、どうしますか?

この場合は、ゴルフボールの先にある目印を見つけます。1メートルくらいがベストです。2メートル以内ならOKですが、あまり遠くならないような目印を見つけてください。

その目印とは、ボールとピンを結んだ延長上にあるものです。
目印は、落ちている葉やゴミ、へこんだ場所、芝の出たものや影。何でもいいですよ。

必ず見つけて下さいね。

見つけたら、アドレスに入ります。
ボールとその目標と平行になるよう構えます。

その時に、アドレスを変えず、頭だけをピンに向け方向性を確認します。

これでピン方向に確実にアドレス出来ました!

これでナイスショット!です。

目標に対して、ゴルフクラブヘッドはスクエアになりますが、肩のラインは目標に対して平行ですにしますが、気持ち左側がグッドです!

同じ番手ならアイアンは常に同じ距離を出すことが大事

アイアンは同じ番手なら何回ショットしても、同じ距離になることが理想です。
しかも、左右にぶれず、まっすぐ飛ばす。その両方の確実性が必要です。

この確実性を自分のものにすれば、安定したショットでスコアメイクも大丈夫です。

ドライバーも同じですが、アイアンも力いっぱい振ってはいけません。
飛ばすことはクラブの仕事です。クラブに任せましょう(笑)

あなたは気持ちよくスイングすることで、距離と方向性の両方の確実性を得る事が出来ます。

マン振りは最悪です。リラックで基本に忠実スイング

飛ばそうとして、マン振りは最悪です。ミスを誘発するスイングです!
体をリラックスして、上体の余計な力を抜きましょう!

特に腕は器用に動きますので、ここぞと言う時には力が入ってしまします。
アドレスでは、腕と上半身をリラックスして構えます。

トップでの形は、左ひじを突っ張ってはいけません。軽く曲がるくらいで余裕を持たせて下さい。

ダウンに入ったら、インパクトで終わるのでなく、フィニッシュの形が取れるまで、振り切って下さい。これが大事なことです。振り切る!

この一連の流れで、自分が気持ちよく触れるテンポを見つけて下さい。

繰り返します。
気持ちよく振り抜くことでショットが安定します。

スイングドリル

☆テークバックでクラブが地面と水平になった時、クラブとフェース面は飛球線と平行になります。

☆テークバックの始動は、右肩から引き上げる様に右肩の後ろに意識を置きます。

☆腕で上げるのではなく、体を回した結果、腕がついてくる意識を持ちます。

☆テークバックでクラブが地面と平行になる前でも、右ひじはたたんでもOKです。

☆首を軸にして、両肘を身体につけて右肩から引き上げて行きます。クラブはアウトサイド気味に上がる感じです。

☆トップでは右ひじは体につけます。十分ひねると右ひじは体にくっつきますので、そのままダウンスイング。

☆右ひじは体の回転に合わせて動くため、すぐ折りたたみます。

今回はビギナーさん向けにお話ししましたが、ゴルフは野球のバッティングで言われているように、水ものです。

今よくても次のショットがミスショット。よくあることです。地道に練習を重ねて、あせらずマイペースで練習に励んで下さい。

関連記事

  1. アイアンシミストップとダフリを無くしてスコアアップ

  2. ショートアイアンでスコアアップ

  3. アイアンをマスターしてスコアアップ

  4. アイアンでトップとダフリを直すショット

  5. つかまるアイアン5番を使いこなすショット方法

  6. アイアンで安定した飛距離と方向性を確保する

  7. ロングアイアンが上手く打てるグリップ

  8. ダウンブローの打ち方

  9. アイアンショットの精度をマスターする

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP