注目の記事 PICK UP!

夫婦でゴルフを楽しむための練習

最近、特に夫婦でゴルフをしてみたい!と言うご夫婦が増えています。定年を迎えた熟年夫婦、新婚さん夫婦
、マンネリ化してしまった夫婦など、共通の趣味を持つことで、新たな夫(妻)の一面が見えてきます。

ますます、大好きになってしまうと思いますよ。ゴルフでいつまでも楽しく、二人で人生を過ごしましょう。

夫婦喧嘩になってしまうゴルフの教え方

夫婦でゴルフを行う場合、すべてとは言いませんが、大半は夫が妻に教えるパターンです。しかし、これが誤
りの始まりです。つまり、夫婦喧嘩に発展するケースがほぼ100%になります。

夫は自分の経験から妻に教えます。自分の得た知識(ゴルフ雑誌やテレビレッスンなど)の押し売りで、矢継
ぎ早にアドバイスします。

妻の立場からすれば、1度にたくさんの事をポンポンと言われれば、ついて行くのが出来なくなります。夫は
何で出来ないの?と、ちょっと興奮気味!

その挙句には、夫婦喧嘩になります!(笑)

お父さん!そんな言い方や指導では、奥さんはゴルフはつまらない!と思うだけですよ~。一生懸命なことは
理解できますが、その方法は、間違っています。

妻だから言い易い気持ちは、わかります。しかし、人間誰しも怒られてしまっては、やる気が出ませんよね。
基本はほめる事です。

それこそが、夫婦でゴルフをする一番のコツです。

夫婦でゴルフ練習場に行こう

ゴルフが上手くなるためには、やはりゴルフ練習場に行く必要があります。最初は弱々しいボールしか打てま
せん。

その内、少し勢いのあるボールが出るようになります。が、まっすぐ飛びません。左や右に曲がってしまうボ
ールばかりです。(泣)

そんなショットばかりで練習していると、飽きてしまいます。クラブを頻繁に変えて、パカパカ急ぎ打ちです
。これでは上達は望めません。

時にはナイスボールが出ると、次のクラブもナイスショットを目指して、またクラブを変えて打つ。この繰り返しです。

練習場は曲がってもいいのです。何故なら、ゴルフ練習場だから。(笑)失礼しました。

練習場では、ミスショットをたくさん打った方がいいのです。そこからどう打てば、真っすぐに打つ事が出来
るかが分かってきます。

スマホで動画を撮るのもいいですね。ミスショットの時とナイスショットの時は、どこが違うかがわかります
。「オレの(私の)スイングは、こんなにヘタ?と思うほど、よくわかります。

そして夫婦で見る事で、笑えます。相手の事を思いやる気持ちがでますので、もっとラブラブになるかもしれ
ませんね。(笑)

ゴルフ練習場へ行くのは、共通のゴルフを楽しむ第一歩です!

 

妻のスイング作りはアイアンから

妻のスイングはと言うと、例えば7番アイアンのショットは、約120ヤード。今度は番手を変えて5番アイアンでのショット。するとやはり、120ヤードのショットです。

番手が違うので、飛距離も違うはずなのですが、同じ。なぜ、同じ飛距離なのでしょうか?

それは払い打ちをするからです。横から払うようにショットしてしまうと、ロフトの違いが生かされないのです。アイアンでショットする時は、ティーアップしません。(ショートホールでのショットを除きます。)そのために、ボールを上げようとして、横からの払い打ちをしたくなってしまうのです。

この打ち方では番手を変えても、5番アイアンと7番アイアンは同じ距離になってしまうのです。

アイアンの打ち方は、横から払い打ちではなく、上からドンと打つイメージです。スイング軌道はキレイな円弧ではなく、V字円を描くイメージです。

左足下がりでスイングをすると、イメージしやすいでしょう。ゴルフ練習場では、両足をマットの上に置いてショット練習していますよね。そのマットに両足を乗せるのではなく、左足をマットの外に出して左足下がりの状況を作ります。

その状態で、ショット練習してください。上からドンと打ち込むイメージが明確になります。いわゆる、ダウンブローの打ち方です。

フィニッシュも大きく取らず、腰の位置くらいで止めてOKです。

この練習方法で、奥様のアイアンショットを磨いていきましょう!

妻にドライバーの基本を教える

妻にはドライバーのスイングは、アイアンと違うことを知ってもらうために、次のことを話しました。

ドライバーのスイングは、振って円弧を描くスイングです。スイングの最下点は、体の真ん中の正面にあるんだよ。と。その点を目標にスイングすると、アッパーブローのスイングで左足かかとの延長上にあるボールを捕らえることが出来るんだよ~です。

ふんふんと聞いていた妻は、理屈はわかってけど、当たるかどうかだね。と、ポツリ一言。

確かにおっしゃるとおりです!と、夫はうなずく。で、ここで大事なことは、ボールを打った後すぐに顔を上げないこと。いわゆる、ヘッドアップしないことです。

クラブヘッドのフェースは、自分の顔と同じ向きです。早く顔が上がれば、トップミスが出たりしてしまいます。

※ アッパーブローとは

スイング時、クラブヘッドが最下点から上がり始めた所で、ボールに当たるように打つことを言う。

妻のアイアンドリルを自宅で練習する

妻の場合、ゴルフ練習場には、中々いけないので、アイアン練習を自宅で行いましょう。鬼(夫)の居ぬ間にこっそりと練習です。(笑)

自宅では、椅子に座ってゴルフクラブを振り下ろすだけです。素振りだけでもいいので、行ってみましょう。上からクラブを落とす練習です。これだけでも、クラブを上から下ろす実感が体験できます。

夫に凄いね!と言われちゃいますよ!

妻とアドレスを再確認する

ゴルフクラブによってアドレスの構えが違う!と思っている人が多いようです。ここで、夫婦共々、改めてアドレスに付いて再確認してみましょう。

アドレスの構え方は、クラブが違っても同じです。違うのはボールの位置です。

7番アイアンを使って確認するのが一番いいですね。理由は、7番アイアンは各クラブの中間番手なので、覚えやすいのです。

スタンスは肩幅にします。ボールはスタンスの真ん中に置き、クラブヘッドもその場所に置きます。その時の構えのラインは、体の中心線にあります。グリップも同じ位置にあります。

つまり、グリップの位置は体の中心です。クラブの番手によって(長さとロフトが違うため)ボールの位置が変わってきます。長いクラブほど、スタンスの中心から左足寄りになってきます。

関連記事

  1. 夫婦でゴルフはつまらないと思っていませんか?

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP