注目の記事 PICK UP!

ゴルフスイングは素振りで上手くなる

ミスショットを誘う心のささやき

ゴルフ練習場に行き、ドライバーやアイアンのショット練習は、たくさん行っていると思います。

そして、納得?して満足で帰宅することでしょう。

しかし、、自宅に戻りふと、明日のラウンドを事を考えた時、今日練習していたドライバーやアイアンのショットが不安になったことはありませんか?

そう思うことは、誰でもある事なのですが、特にゴルフを始めたばかりのゴルファーさんであれば、ドライバーがちゃんと当たるか?など、不安なことばかり考えてしまい、楽しいはずのゴルフが、ちょっと嫌になってしまうこと、多々あると思います。

では、何故不安になってしまうのか?

それは、人間の心と体のバランスが崩れているからです。

こんな事を聞いたことはありませんか?「このホールはいつもあの谷に吸い寄せられてしまうんだよ。」と。ミスショットの言い訳!

これはこの時点で、自分が自分のミスショットを作ってしまっているのです。いわゆる、マイナス思考ですね。

マイナス思考が行動に現れ、結果、ミスショットになってしまっています。

素振りがゴルフの基本です。

スタートホールで、ほぼ全員が素振りをします。

AさんがBさんの素振りを見て、「お!いいね。その素振り」なんていいながら、ショットが終わった途端、「素振りとショット、全然違ってるよ」なんて、話しておりました。

素振りと実際のショットは何故、違ってしまうのか?

素振りはスムーズ、ショットはぎこちないショット。ゴルフボールを目の前にすると、力が入ってしまうのでしょうか?

正しい素振りは、フォローで風切り音、「ビュン」とします。ぎこちないショットは、インパクト前に「ビュン」ですね。

この差が、無くなればグッドショット!になります。

素振りで基本を覚えましょう。

次回は、素振りの大切さから実践など順次お伝えしますので、お待ちください。

ティーショット前の準備のための素振り

ブンブンと体をほぐすための素振りは、ショットの空振りと同じになってしまうので、やめましょう。体をほぐすためだけなら、準備運動やストレッチをして下さい。

では、何故いけないのか?

きちんとアドレスを取らず、前傾姿勢も取っていない素振りは、手先だけのスイングです。手先だけのスイングでは、ミスショットをするための素振りだけにしかなりません。

そして、実際のショットに移行した場合、ゴルフボールを当てに行くだけのスイングとなり、ミスショットとなります。

素振りをするなら、本番のショットと同様にしっかりとしたアドレスを取り、ドングリの実を打つとか、葉っぱを打つとか実際のショットを想定した素振りとしましょう。

そして、その際は、どんなボールを打つかをシミュレーションして素振りをします。このホールを攻めるためには、右からあるいは左から攻める。

そのためには、ドローボールがいいか、とか、フェードボールで攻めるか、それが大事です。

たったこれだけでも、ナイスショットが期待できます。是非、実践して下さい。

関連記事

  1. フェアウェイウッドを得意クラブにするためには

  2. ドライバーのスライスを直すための素振りを自宅で練習

  3. 中高年の怪我をしないゴルフストレッチ

  4. 10打が縮まるパター 自宅練習で3パットをなくすパター練習とは?

  5. ゴルフ腰痛でスイングを崩していませんか?

  6. ゴルフが上手くなる自宅練習、毎日ボールを触ろう

  7. スライスを直す自宅で練習 毎日短時間で出来るスイングとは?

  8. 女性ゴルファーも筋力アップ!ヘッドが走る体力作り

  9. 自宅でアプローチ練習が上手くなる!

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP