注目の記事 PICK UP!

ゴルフストレッチで怪我をしないスタート前の準備

ゴルフが上達するストレッチ股関節を柔らかくする

皆さんは朝、ゴルフ場についてスタート前に準備運動をしていることと思います。では、どれくらい時間をかけて準備運動(ストレッチ)を行っていますか?

ラジオ体操並みの屈伸運動程度ではありませんか?ほんの5分くらい・・・?

夏場の暑いとき(体が動く時期)や若い方ならその程度でもいい(本当は決していいとは言いがたいのですが)でしょうが、体の動かない寒い時期や中高年の方には、おススメ出来ません。

年とともに筋肉量が落ち、関節などの可動域が確実に狭くなっています。この現象は、若い人にも当てはまります。若いからと言って、関節の可動域が広いとは限りませんので。

スタート前には少し汗ばむ程度まで、体を動かすことです。ここをおろそかにしているのが、現状ではないでしょうか?
まずは、定番の屈伸運動や伸びの運動で体をほぐします。これで初めて筋肉が目覚めます。(5分~10分)

股関節の可動域を広げるストレッチ

体がほぐれたら、次のストレッチに進みます。

特に股関節の可動域を広げるストレッチは、スイングする上で重要なストレッチになります。

前を向いて右足を大きく一歩踏み出します。そして、右ひざを曲げてストレッチ。その時、右足の重心は90%程かかっています。ついでに、上体を右にひねります。
そのまま5秒静止。

上体を左に戻して、前を向きます。次の一歩は左足。大きく踏み出して左足を曲げてストレッチ。ついでに、上体を左にひねり、5秒静止。
この繰り返しで、10歩~15歩程度歩きます。この股関節のストレッチで、可動域を広げていきます。

このストレッチはスタート前だけでなく、できれば毎日行いたいものです。
5分~10分程度のストレッチで、股関節が柔らかくなり、スムーズな体のひねりができるようになります。

このストレッチは、ゴルフボールを遠くに飛ばすためのストレッチにもなります。

ゴルフは体の回転運動です。下半身と上半身の相反する捻りでゴルフボールを飛ばしていきます。股関節を柔らかくすることでスムーズなスイングから生まれる飛ばしの源です。

年とともに筋肉量や運動量が減ってきますが、毎日少しずつでもストレッチ運動を欠かさなければ、若い人たちに負けない技量を得ることが出来ます。
億劫がらず、毎日続けましょう。

ストレッチのメニューは、これから少しずつ紹介しますので、楽しみにお待ちください。

関連記事

  1. ゴルフが上手くなる自宅練習、毎日ボールを触ろう

  2. ゴルフ腰痛でスイングを崩していませんか?

  3. 中高年の怪我をしないゴルフストレッチ

  4. 体幹を鍛えてゴルフが上手くなる練習方法とは?

  5. 自宅で出来る練習 素振りでスイングの基本を学ぶ

  6. フェアウェイウッドを得意クラブにするためには

  7. ゴルフストレッチで上手くなるため体を鍛える

  8. 女性ゴルファーも筋力アップ!ヘッドが走る体力作り

  9. 10打が縮まるパター 自宅練習で3パットをなくすパター練習とは?

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP