注目の記事 PICK UP!

フェアウェイウッドを得意クラブにするためには

フェアウェイウッドは得意意識に変える事が大事!

ゴルフ練習場ではドライバーをガンガン練習しているのに、フェアウェイウッドはテキトーに練習している人が多いのです。

その結果、どうもフェアウェイウッドは苦手だ!と言う人が多いのが現状です。事実、ロングホールでドライバーがナイスショット、2打目フェアウェイウッドがチョロ。「やっちまった~!」と嘆く人が多い事、多い事。(笑)ナイスショットしても、マ・グ・レに近いものがあります。(笑)(笑)(笑)

その理由は一体何でしょうか?一つは、あまり練習しないこと。一つは、練習しているにもかかわらず、当たらない人は、力み過ぎてのショットです。当たれば飛ぶと言う、飛ばす意識が強すぎてスイングを壊しています。

今のフェアウェイウッドは、性能も向上していますので、普通に当たればゴルフボールは自然と遠くにクラブがボールを運んでくれるのです。

飛ばすクラブだからこそ、飛ばそうとする意識は捨てて、ゴルフクラブを信じてリラックススイングしましょう。

まずは、意識改革が大事です。フェアウェイウッドは、簡単なんだと。

ワンポイントアドバイスをすれば、グリップは短め、顎を引いてアドレスしましょう

フェアウェイウッドの一番多いミス

フェアウェイウッドのミスは、トップが一番多いですね。また、トップするのを嫌い、そのために右肩が下がりダフリも多いのです。

結局、トップとダフリの繰り返しで、フェアウェイウッドは、ミスの多いから苦手というゴルフクラブになっています。

トップの場合は、ダフリと違って、結果オーライで距離は確保できるかもしれませんが、やはりミスショットなので、直したいものです。

フェアウェイウッドのミスショットをなくすポイントは、テークバックです。
両腕を突っ張らず、余裕を持たせることが大事なんです。

フェアウェイウッドの、苦手意識は無くなりそうですか?ここからは、ミスショットをなくすための、練習です。

フェアウェイウッドのダフリを直す練習

飛ばそうと力むと、スイングが壊れます。

どのように壊れるかと言うと、通常なら肩・腰の回転がスムーズであるのに、「力み」と言う力が入ると、右肩が突っ込み、その結果左肩が開いて、クラブヘッドが早く落ちます。

手前を叩くことになり、ダフリとなるのです。スイングを解説するとこのような流れとなります。

とは言え、力んだかもしれないけど、右肩を突っ込んだ覚えはない。とか、左肩を開いた感じは解らない。と言うのが率直な気持ちと思います。

確かにスイングは、一瞬の出来事なので、そう感じる暇もなければ、感じるものではありませんよね。

しかし、現実はそうなっているのが事実なのです。

では、自宅でどのような練習が出来るのでしょうか?
フェアウェイウッドは長いので、短く持って下さい。素振りで天井に当たらなければ大丈夫です。

まず、タイルカーペットと言うものを用意して下さい。ホームセンターで500円程度で売っています。50cm×50cmのカーペットです。しっかりしているカーペットなので、練習のグリーン代わりに最適です。

そのタイルカーペットにチビティー(ショートホール用のティー)を立ててスイングします。

そのチビティーを打って飛ばします。

打つ時は打込むのではなく、払いうちをするようにスイングします。その打ち方であれば、チビティーは2~3m程前に飛ぶことと思います。

チビティーの代わりに、消しゴムでもいいでしょう。タイルカーペットを滑らせるように、フェアウェイウッドのヘッドを滑らせてスイングして下さい。

滑るようにスイングできれば、消しゴムも前に飛びます。

自宅で、この練習を繰り返してください。ゴルフ練習場に行って確認することが楽しみになりますよ。(笑)

スイングをコントロールするためには、実際のラウンドでも、3~5cm位短くグリップを握る事をオススメします。

リラックススイングで、フェアウェイウッドは飛ばせるのです。是非、ラウンドで体験して下さいね。

 

フェアウェイウッドでトップばかりしている人は、これが間違い!かも

フェアウェイウッドが苦手だと言う人は、トップをするミスも多いですね。ただし、ミスと言っても結果オーライの場合がありますので、ミスと言えるか分りませんが。。。

しかし、本人としてみれば、トップはミスなのです。トップを無くして、カキンと気持ちよく飛ばしたいものですね。

では何故トップと言うミスを犯してしまうのでしょうか?原因の一つとして、ゴルフボールの位置が間違っていることが挙げられます。

ボールの位置?

そう思ったあなたは、ボールの位置はどこに置いていますか?

基本、ボールの位置は、スタンスのセンターです。唯一、違うのがドライバーですね。ドライバーは左足かかとの延長に置く、と教えられてきました。ティーアップするのでその位置でOK!です。

しかし、フェアウェイウッドは、ティーアップしませんよね。だから、基本であるスタンスのセンターでいいのです。

正確に言うならば、アイアンのピッチングウェッジから6番まではスタンスのセンターにボールを置きます。

そこから1番手大きなクラブになるにつれて、ボール半個分左足側に寄せて行きます。
5番・4番・3番です。

フェアウェイウッドでトップする方は、センターよりずっと左足寄りにゴルフボールを置いていませんか?

その位置では、トップしか出ません。です。

フェアウェイウッドは、その人によって、ボールの位置に違いがありますので、アイアンの3番から5番と同様にセンターからボール半個分左足側に寄せて、自分のゴルフボールの位置を見つけて下さいね。

ナイスショットが出る位置が見つかれば、トップと言うミスは確実に直ります。

試してみて下さい。このお話は、自宅練習ではなく、ゴルフ練習場となってしまいました。すみません。(泣)ゴルフ練習場で「カキン」の位置を見つけて下さいね。

毎度毎度「カキン」と行きましょう!(笑)

関連記事

  1. 10打が縮まるパター 自宅練習で3パットをなくすパター練習とは?

  2. アプローチを自宅で練習する方法とは?

  3. ゴルフストレッチ 足腰強化で飛ばすスイング作り

  4. 自宅でアプローチ練習が上手くなる!

  5. ゴルフ腰痛でスイングを崩していませんか?

  6. ゴルフスイングは素振りで上手くなる

  7. スライスを直す自宅で練習 毎日短時間で出来るスイングとは?

  8. 女性ゴルファーも筋力アップ!ヘッドが走る体力作り

  9. 中高年の怪我をしないゴルフストレッチ

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP