注目の記事 PICK UP!

ゴルフデビューはショートコースで腕試し!

サイト管理者の「テラ」と申します。ゴルフをこよなく愛している、今は昔のイケメンです!?(笑)

このサイトは、これからゴルフを始める方やゴルフを始めて間もない、初心者ゴルファーさんのためのサイトです。ゴルフが上達しないとか、ゴルフが面白くない人に特に見て頂きたいと思います。

初心者だったテラが、100が切れた時の経験などもどこかに隠れていますよ。(笑)

見て頂くうちに、ヘタでもゴルフが面白くなる、そんな情報をお届けします。

ゴルフを始めるための情報から、美人さんゴルファーの紹介、コースマネジメントなど、盛りだくさんの内容です。好きなカテゴリから読み進めて下さい。

目指すは、あなたのスコアの100切りと、ヘタでもゴルフが面白くなるゴルフ愛を一緒に育てましょう!

今回は、ゴルフデビューする前の腕試しです。ショートコースへ行ってみませんか?

 

ショートコースは自分のレベルがわかる練習場

ゴルフ練習場でのショットは、安定してきましたか?順調と言う人、まだまだと言う人。様々と思いますが、今まで練習してきた事をラウンドで、どこまで実践できるかを試すにはショートコースが最適です。

本コースに行って見たいけど、まだ不安、まだそんな実力はない。でも、練習場以上のゴルフがしたい!と思うなら、ショートコースがオススメです。

いきなり本コースに出るよりも、ショートコースに行ってみてはいかがですか?自分の練習成果の腕試しです。

本コースを想定してラウンドできるので、やはりなれるためにも、ショートコースに行かれた方がいいと思います。

いや、絶対行くべきですよ~!ゴルフの初心者 レッスンはショートコースが効果的です。

ショートコースとは?

ショートコースとは、9ホール程度の距離の短いホールのゴルフコースです。

コースレイアウトは、100ヤード以下のホールや200ヤード前後の少し距離の長いホールなど、様々なショートコースコースがあります。

ショートコースでは、アイアンを中心にラウンドします。ショートアイアンの距離と方向性、アプローチの正確性、バンカーの練習など、本コースと同様に楽しむことが出来ます。

ただし、ショートコースでは、ウッド系のゴルフクラブは使うことができないコースがほとんどです。

ゴルフコースによっては使えるところがあるかもしれませんが、アイアンのみのコースがほとんどです。

それでも、ショートゲームを十分楽しむことが出来ますよ。

内緒の話ですが、200ヤードほどあるホールで、こっそりウッド系のゴルフクラブを使用したことがありました。

たまたま、まっすぐ飛んでくれたのでよかったのですが、曲がってしまえば隣のホールに行って、もしかしたら他のプレーヤーに当たってしまったかもしれません。

危険なので絶対やめて下さいね。
今思うと、ぞっとしています。

話を戻します。

ショートコースによっては、本コースの雰囲気も感じることができますので、是非、行ってみて、ゴルフ練習場で磨いた腕試しをして下さい!

たぶん、こんなはずじゃないよ~と思うかと想像いたします♪
何故かって?ですか?

ゴルフ練習場では、トップしても(ボールの頭をたたくことで)ボールは上がらず、地を這うように前に飛びます。現地でもこれは同じで、とりあえず前に飛んでくれます。

しかし、ダフッた場合(ボールの手前を叩いてしまうこと)、ゴルフ練習場では、距離は出ませんが、ボールは上にあがりながら、とりあえず前に飛びます。仮に9番クラブで、80ヤードとします。

現地では・・・30ヤードくらいでしょうか。ん~。そんなに飛ばないかもしれませんね。

何故なら、ゴルフ練習場では、打つ場所が人工芝で、多少ダフッてもクラブが滑るので前に飛びます。
しかし、現地では芝生なので、ゴルフクラブは滑りません。ぽてっと、前に落ちるだけです!(泣く)

あ~っ、やっちゃった!!て感じです。(大笑)

ダフリなどミスが本当に多いです。

これがゴルフ練習場ではいいのに、こんなはずじゃ!と思う理由です。だから、スコアは、それなりです!覚えておいてくださいね(笑)


ゴルフ練習場では、ダフらない練習、ちゃんとしておいて下さいね。
後記で、練習のお話もありますので、お楽しみに!!

そんな訳で、ショートコースは、結構と言うか、絶対面白い!です!

様々な利用シーンで活用することができるショートコースを練習するときの選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか?

夫婦や恋人同士で楽しむことが出来るので、本コースデビューの前の模擬体験として活用してみて下さい。

ショートコースは、絶好の練習場所

ショートコースは、初心者の方にとって、絶好の練習場所です。
でも、これだけは覚えておいてください。

ショートコースの料金は、平日で9ホール回って、3,000円前後です。
お手軽に、また一人でもラウンドできることから、様々なレベルのプレーヤーが利用します。

このことから、ショートコースは、初心者だけでなく、中級者の人達も訪れることがあります。時には、上級者の方でも練習がてら来ることもあります。

 

初心者の方は、一般的にプレーの進行が遅い傾向があります。
後ろの組に中級者や上級者の人達がいると、プレーの進行上迷惑となりますので、本コースじゃないとは言え、本コースと同じ気持ちでラウンドするよう心がけましょう!

その他にショートコースでは、ゴルフクラブやゴルフシューズなどレンタルできます。だから、手ぶらで行っても楽しめますよ。

ショートコースは初心者にとって、本コースデビュー前の本コースを想定したコースデビューとなります。

このことを踏まえ、ゴルフ練習場では体験できない練習をショートコースで体験して下さい!

楽しいこと、請け合いです。

ショートコースのルールとマナー

ショートコースとは言え、ルールとマナーは本コースと同じなので、そこは注意してくださいね。

ルールについてここから見る ⇒ 初心者ゴルファーのルール講座

マナーについてここから見る ⇒ 初心者ゴルファーの恥をかかないマナー講座

関連記事

  1. ルールとマナー

  2. 初めて買うゴルフクラブは型落ちがお得です!

  3. 初めてのラウンド ゴルフのマナー

  4. ゴルフレッスンは上達する近道です

  5. さあゴルフコースデビューの日

  6. 女性ゴルファー急増中!ゴルフ デビューしませんか?

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP