注目の記事 PICK UP!

ドライバーの突然出るスライスの直し方

ゴルフ練習場では、いつもストレートボールで気分がよろしい、ナイスショットの連発。しかし、ラウンド中、ドライバーが突然スライスボールが出た。こんな経験をした方もいらっしゃると思います。突然のスライス。その原因と直し方について追及します。

スライスの出る原因はいくつもある

ゴルフ練習場では足場は常に一定で、しかもフラットになっていますので安定して、ショットが出来ます。また、何発も打てるので、調子が上がっている時は、ナイスボールが常に出る状態にあります。

しかし、コース本番では1発勝負です。スライスが出る条件は、たくさんあるのです。

ティーグランドでも、前上がりや左足下がりの場所があります。微妙な足場なので、気がつかないこともあり、その場所でショットするとスライスの可能性があります。

また、ロケーションにより、目標方向をしっかり取っているつもりでも、肩のラインが左を向いてしまっているために、スライスボールが出てしまいます。

いろいろなケースで、スライスはすぐ出てきます。スライスボールに困った人は、スライスの出る原因を知り、直していきましょう。

アドレスで肩のラインが左を向いている人

ゴルフコースの設計者は、ゴルファーを悩ませるロケーションをするべく、その設計を手がけています。

正面を向いているつもりでも、ティーショットマークが斜めにあったりすると、目標取りが間違ってしまうことがあります。そのようなホールでは、アドレス時に肩のラインを目標と平行にとったつもりでも、目標より左を向いてしまうことがあります。

そんな時に確認する方法がこれです。

ゴルフクラブを持たないで、アドレスの形で前傾姿勢を取ってみます。両手はグリップの位置です。そして、その姿勢のまま、グリップした手を解き両手を左右に広げます。

その時の左腕が目標方向を指していますか?目標方向ではなく、左方向を指していると、肩のラインは左向きになり、アウトサイドインのスイング軌道となります。そして、スライスボールが出てしまいます。

肩のラインに気をつけましょう!

前傾姿勢が正しくない人

アドレスでクラブを構えた時、ボールから離れすぎてしまうと、前傾姿勢が深くなります。この姿勢でスイングすると、ボールが遠く感じるため、スイング中ボールの近づこうとしてダフリのミスが出やすくなります。

また、腰を深く折っているために、テークバックで伸び上がってしまい、スイング軌道がアウトサイドインとなり、スライスも出ます。

アドレスでは、前傾姿勢を深く取り過ぎないように、注意しましょう!

力みすぎている人のスライス

アドレスで構えた時、ちょっと固まってしまいスムーズにテークバックが出来ない人。また、アドレスでクラブのソールを地面につけている人。このような人は、肩や腕に余計な力が入っており、力んでいる人です。

力みが入ってしまうと、スムーズなテークバックが出来ないばかりか、体を使ったテークバックが出来なくなります。

すなわち、腕でクラブを上げて腕の力でダウンスイングをしています。右腕主体のスイングです。そうすると、体が十分捻ることができず、アウトサイドインのスイング軌道となり、スライスが出やすくなります。

そうならないためにも、まず、力みを取りましょう。

アドレスでは、クラブヘッドを浮かして構えます。クラブヘッドの重さを感じることが出来るので、力みはなくなります。
持ち上げる時は手先で上げるのではなく、左腕を意識してください。

まず、左手の小指と薬指と中指の3本でクラブのグリップを握ります。あとの親指と人差し指は添えるだけです。そして、左腕の脇を締めるようにして構えます。

そのままテークバックを始めてください。腕の三角形が作れてスムーズなテークバックとなります。

フェースが開く人のスライス

今まではスイング軌道が、アウトサイドインのカット軌道でスライスが出る、とお話してきました。しかし、スイング軌道がインサイドインの人でも、スライスが出てしまう人がいます。

その理由は、インパクト時にフェースが開いてしまっているからです。

では、何故フェースが開いてしまい、インパクトを迎えるのでしょうか?

それは、正しいコックが出来ていないからです。コックは、クラブを握って左手首を縦方向、つまり、左手親指側に曲げることです。

テークバックからトップの位置になる時のコックの仕方が違うのです。本来のコックとは違い、手の甲側に曲げてしまっています。

そのために、ダウンスイングからインパクトを迎える時には、クラブフェースが開いて下りてきます。クラブフェースが開いたままインパクトを迎えるので、スライスボールになってしまいます。

では、自分で確認してみましょう。

トップの形を作り、その位置で左手首を甲側に曲げてください。そのままゆっくりとスイングして、インパクトの位置で止めてください。

いかがですか?クラブフェースは開いた状態になっていると思います。このコックの曲がりが原因で、スライスボールが出てしまいのです。

スライスが出始めたら、左手首の曲がりをチェックしてみてください。

腰が早く開く人のスライス

腰を切ってボディーターンのスイングは、手打ちにならない。よく言われます。そのため、早く腰を回転させると、逆に腰が目標方向に早く開き過ぎ、左肩も早く開いてしまう事があります。

そうすると、どうな事が起きるのか?

それは、体の回転にクラブヘッドが遅れてしまい、フェースが開いてインパクトを迎えます。そうです。スライスになってしまうのです。

へえ~そんなこともあるのか。でも何で?ボディーターンのスイングは、理想だろう。と思ったあなたは、混乱すると思います。

あまり深く考えると、分らなくなりますので、テキトーに!!考えましょう!ちょっといい加減ですかね。

要は、タイミングの問題です。そんなこともあるんだ。位に思って下さい。

しかし、そんなこともあるのでは、スライスも出ると嫌だねと思いますね。ならば、出ないようにするには、どうすればいいのか!

そのためには、左手リード・左サイドのリードでスイングを心掛ける様に意識しましょう。

アドレスからトップの位置になったら、ダウンスイングでは、いきなり腰を回転と言うより、ちょっと横に(目標方向に)スライドさせてから回転させてやる。こんなイメージで、スイングしてみましょう。

そして、左手リードでクラブを振り下ろして行きます。

右手が強いので中々イメージがわかないと思いますが、クラブを持たないで、右手で左手首をつかんで素振りをしてみると、左手リードの感覚がつかめると思います。

左手リードについては、この記事も読んでみて下さい。詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

ゴルフ下手は左手リードでもっと上手くなる

関連記事

  1. 突然チーピンが出てしまった時の修正方法

  2. ドライバーの打ち方と飛距離アップ法

  3. シニア向けドライバーで今よりもっと飛ばしてみませんか?

  4. フェアウェイウッドの練習

  5. ドライバーショットが安定しない人のドリル

  6. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座

  7. フェアウェイウッドを練習して得意クラブにしよう!

  8. ドライバーが上手くなりたい!

  9. ドライバーは宮里藍ちゃんスイングでヘッドを走らす

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP