注目の記事 PICK UP!

突然チーピンが出てしまった時の修正方法

ドライバーのチーピンを直す方法

ゴルフを始めたばかりの人は、スライスボールで悩みますが、次第にショットが安定してくると今度はフックボールに悩みます。
でも、フックの悩みが解決すると、自分のゴルフスイングが完成に近づきつつあります。

フックもスライスと同様に3通りの曲がり方があります。

①右方向に飛び出してから左に曲がるフックボール

②ストレートに飛び出してキレイに左に曲がるフックボール・ドローボール

③ストレート又はやや左に飛び出して、急に左に曲がるフックボール・チーピン

ラウンド中にフックボールが出始めてしまった場合、①と②はまだ安心していられますが、③のチーピンが出始めてしまうと大きなトラブルになってしまいます。
ドライバーを振ることが怖くなってしまうほど、チーピンは厄介なボールです。

フックボールになる原因は何でしょうか?

これはインサイドアウトの軌道のため、ボールに左回転の力が加わり、フックボールとなるものです。
インサイドアウトの軌道になりやすいスイングは、スイングプレーンからはずれてフラットに振っていることが挙げられます。
いわゆる、フラットスイングです。

※フラットスイング
ゴルフクラブの軌道がフラットなこと。(その反対は、アップライトスイング)

このインサイドアウトの軌道の人が突然、チーピンに教われる原因は、手打ちによるものです。腰の回転が止まり手と腕だけでスイングするために、手首が返りすぎてしまうのです。
その結果、インパクト時には極端なシャットフェースになり、チーピンが発生してしまいます。

※チーピンとは
ボールの弾道がマージャンパイのピンズの7の形に似ていることから、そう言われています。

テークバックでは、インサイドに引きすぎない様注意してください。フラットスイングの始まりとなってしまいます。
また、極端なフックグリップもチーピンを誘発しやすくなりますので注意しましょう。

対策としては、

①テークバックは、ボールからすぐにインサイドに引かないで、30cm程そのまま後ろに引いて、フェースを開く感じで(実際には開きません)外側に上げていきます。

②トップでは左手の親指にシャフトが乗って、ゴルフクラブの重さを感じてください。その際、右脇を締めたトップの形を作ります。

③トップからダウンスイングでは、右ひじを先行させて振る感じをつかんでください。(右ひじを下に向けて右ひじがダウンする)

④ダウンスイングからインパクト以降は、左ひじを締めたスイングをします。練習の素振りで、ヘッドカバーを左脇に挟んでスイングしてみてください。

⑤腰を左に切って回転させます。こうすることにより、手打ちが解消されシャットフェースにならずストレートボールが出るでしょう。

ラウンド中の修正は中々難しく、勇気がいるものです。普段の練習からしっかり身につけておきたいものですね。

関連記事

  1. ドライバーは宮里藍ちゃんスイングでヘッドを走らす

  2. フェアウェイウッドを練習して得意クラブにしよう!

  3. ドライバーはシニアでも飛ばせる

  4. ドライバーの打ち方と飛距離アップ法

  5. ドライバーが上手くなりたい!

  6. フェアウェイウッドの練習

  7. シニア向けドライバーで今よりもっと飛ばしてみませんか?

  8. セカンドショットでミスしない3番ウッド(スプーン)の打ち方

  9. ドライバーの突然出るスライスの直し方

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP