注目の記事 PICK UP!

ドライバーの打ち方と飛距離アップ法

ドライバーの打ち方

スイングは一連の流れで成立し、ゴルフボールを飛ばしていきます。
そのスイングをこま切れに考えてしまうため、スイング自体ギクシャクしてしまい、ドライバーが苦手と言う初心者の人が多いと思います。

例えば、アドレス、バックスイング、ダウンスイング、インパクト、フォロースル―。
いかがですか?ゴルフの教本や雑誌では、そのパーツパーツで解説していますよね。

その連続が一つのスイングになる訳ですが、そのパーツにこだわり過ぎるために、スイングがギクシャクして安定しないことが一つの原因です。

ここでは逆算してスイングを組み立てて行きます。

まず、インパクトの形を取って下さい。これは、どこに向かってどこに打ち出すか、その目標を定めます。

こうすることにより、どこに打つのかその目標が明確になり、正しく構える事が出来ます。

インパクトの形を取ったなら、そこからはダウンスイング、バックスイング、アドレスと逆のスイングをゆっくりと行って下さい。

始めは、ゴルフボールを打つ必要はありません。
イメージが出来、体が覚えてくれたら、ボールを打って見て下さい。
軽いスイングからどうぞ。

自分のアドレスが見つかるはずです。

ドライバーのボールの位置はとても大事

ドライバーのボールの位置は、一般的に左足かかとの延長上と言われています。
それは、スイングの最下点を通過したところが、ヒットポイントとなるため、そう言われています。

ただし、これは正解であり、正解ではありません。

何故か?
人によって、スイングは違います。従って、ヒットポイントも当然違ってくると思いませんか?

プロは、練習量が半端ではありません。そのため、100球打って、100球が同じタイミングでヒットしています。

素人であれば、そこまでは不可能とは言えませんが、かなり難しいと思います。
試行錯誤して下さい。

ゴルフボールを楽に捕まえられるポイントを見つける事が出来れば、逆算スイングで得たスイングで、気持ちよく飛ばすことが出来るはずです。

位置を探すポイントは、ボールを1個分、左右にずらして探して下さい。
新たな発見がありますよ。

無駄なスイングを改善する!?

大きく体をひねるとか大きく体を回すことは、スイングする上で無駄な動きが出てしまい、飛ばしたくても飛ばない方が多くおります。

これはオーバースイングを助長するだけで、よいことはあまりありません。

むしろ、自分の体にあったゴルフスイングをオススメします。
単純に上げて下すだけ。

年齢を重ねれば重ねるほど、シンプルなスイングを心掛けましょう!

中高年の方にオススメのシンプルスイング

若い時は体の動きも俊敏で、動きにそつがありませんでした。
しかし、年と共に体力が落ち、体が硬くなり、若い時に出来たことが出来なくなります。

ゴルフや他のスポーツに限らず、日常生活でもそれが現れてきます。
悲しいですが、事実ですね。

そこで中高年からのオススメスイングを覚えましょう!

それは、動きが器用な手先や腕の筋肉を使うのではなく、背中の大きな筋肉を使います。この部分を使ってテークバックをして下さい。

そうすることによって、手先だけでゴルフクラブを上げる事がなくなり、体全体を使ったスイングを作ることが出来ます。

シンプルかつ安定したスイングを作るためには、是非、大きな背中の筋力を利用して覚えて下さい。

1度体に覚えこませれば、人間は潜在意識が働き、無意識の中でもシンプルスイングが出来るようになります。

いくつになっても楽しいゴルフをするためには、シンプルスイングが一番です。
是非、あなたのシンプルスイングを作りましょう!

スイングドリル 背中の筋肉を意識する

ゴルフクラブを持たずに、アドレスの前傾を取ります。
その際、両手は前にだらんと垂直に下ろします。
その態勢でテークバックを開始して下さい。背中の筋肉を意識して、右へ引き上げて行きます。

繰り返し行い、背中の筋肉の動きをつかんで下さい。

飛ぶドライバー発見!

最近年のせいか、ドライバーの飛距離が落ちてきた。若い時のように、もっと飛距離を伸ばしたい!その思いを叶える、シニアでも使えるドライバーです。

高齢者になると、飛距離は落ち込むばかり。若いころの飛距離を取り戻したい!そんな高齢者の方にビックドライブを実現するドライバーです。

とにかく飛ばすことだけに着目した、根本プロ監修の究極の高反発ゴルフドライバーなのです。

口コミで人気の秘密を見てみる ⇒ 口コミはコチラ

 

関連記事

  1. スライスを直して曲がらないドライバーにする

  2. ドライバーはシニアでも飛ばせる

  3. フェアウェイウッドを練習して得意クラブにしよう!

  4. ドライバーは宮里藍ちゃんスイングでヘッドを走らす

  5. ドライバーショットが安定しない人のドリル

  6. 突然チーピンが出てしまった時の修正方法

  7. セカンドショットでミスしない3番ウッド(スプーン)の打ち方

  8. フェアウェイウッドの練習

  9. ドライバーの突然出るスライスの直し方

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP