注目の記事 PICK UP!

スコアを10打縮めるライ別ショット

左足上がりのライからのショット

左足上がりのライはボールが高く上がりますが、左への引っ掛けが出易くなるライです。しかし、距離が出やすいライなので、ピンを積極的に狙うことが出来ます。ここはしっかり攻めて行きましょう。

アドレスでは、目標より右に体を向けてスタンスを取ります。やや右足体重で構えてください。スタンスは少しクローズにすると、立ち易くなります。

この時、肩とひざのラインは、傾斜に平行です。そして、傾斜に沿ってスイングします。スイング時に右足に体重をかけすぎると、ボールの手前を叩いてダフリます。

ボールの位置は、スタンスのセンターよりボール1個分右に置くと、左への引っ掛けが出にくくなります。

左下がりのライからピンを狙うショット

左足下がりのライは、ボールが上がりにくいので、難しいライです。無理にボールを上げようとすると、目線を上に取ってしまい、体の軸が右に傾く、すくい打ちの構えとなります。

そのままスイングすると、ボール手前にヘッドが落ちて大ダフリとなってしまうミスが出ます。

アドレスでは、両ひざのラインは傾斜に平行にして、肩は左肩が少し上がる様に傾斜と平行ではなく構えます。体重は自然と左足体重となります。

ボールは右足寄りに置き、傾斜に沿ってスイングしますが、低く振り抜いてください。

体重移動をしないスイングをすることで、ミート率が上がってきます。目線を低くピンを狙っていきましょう。

左足下がりのアプローチでグリーンを狙う時

アプローチショットがグリーンをオーバーしてしまい、奥のラフにつかまった場合です。ボールのある位置は、グリーンが受けているので、上がっています。その奥という事は、返しのアプローチは左足下がりです。

これは難しいライからのアプローチョットです。一番遭遇したくないグリーンオーバーの1つですね。

ここはピンを大きくオーバーしてピン奥に来てしまったので、大きく戻して上りのパッティングとしたいものです。

攻め方としては下りラインなので、グリーンエッジ(カラー部分)に落として、ピンを少しオーバーする場所がベストです。

多くの場合、ボールのある場所は逆目になっているので、芝に食われてダフってしまいます。ここは、慎重にショットしましょう。

ショットの方法は、左足下がりのショットになるので、アドレスでは斜面と平行(腰・肩のライン)に構えます。
当然、左足体重となりますので、スイング時は左ひざが動かないようしっかり踏ん張り、体重移動はせずにスイングします。

フォロースルーは、斜面に沿って低く出してください。
注意したいことは、ボールを上げようとしないことです。ボールは高く上がりませんので、上げようとすると右肩が落ちてダフリの原因となります。

クラブフェースを開いて、必ず斜面に沿って振り抜きましょう。

また、ラフに負けないように、左手の3本の指(中指・薬指・小指)でしっかり握ることも大事なことです。

ワンポイントアドバイス <すくい打ちを防止するドリル>

すくい打ちはインパクトで体重が右足に残り、右肩が落ちてダフってしまうものです。肩を水平に回せばダフリやトップなどのミスは無くなります。
そこで、左足に全ての体重を乗せ、左足1本で立つ意識でスタンスを取り(肩幅程度)素振りをします。

その際、体重移動は行いません。20~40ヤード飛ばすイメージでスイング作りをしましょう。

砲台グリーンの苦手アプローチを克服するコツ

砲台グリーンのある打ち上げでは、グリーン上のピンの位置が見えないことが多いので、ショートしやすくなります。ピンを直接狙うように大きめに打つことが大事です。

傾斜の大きさにもよりますが、フラットな場合と比べ、10ヤード程飛距離が落ちますので、番手を1つ上げたショット、SWであればAW、AWであればPWを選択します。また、ランを考えてショットすると、必ずショートします。

くどいようですが、ピンを直接狙う気持ちでショートしないよう心がけてください。

ショットする前は、必ずグリーンまで足を運んでピンの位置とその距離を確認します。そして、その振り幅を確認したら、その距離の出るスイング幅だけを考えて、ショットしてください。

ディボット跡の脱出ショットのコツ

フェアウェイを捕らえたにも拘らず、行って見るとまさかのディポット跡。せっかくのナイスショットが、がっかりに。しかし、がっかりしている暇はありません。何気なくショットすると、ひどい目にあうので気をつけましょう。

※ディポット跡とは?
ショットで芝が削りとられた跡。ほとんどの場合は、砂がかぶせられています。

ディボット跡からのショットは、上手く脱出しても普通のライからのショットと比べ、距離や高さが出ないことをまず、理解しておいてください。と言うか、上手く出す必要はありません。トップでもOKです。

その上で、脱出するにはクラブヘッドのリーディングエッジでボールをえぐる様に打つ(えぐり出す)、そんなイメージでショットします。

アドレスは、左足体重でハンドファーストにしてクラブフェースをかぶせて構えます。ボールの位置をセンターより右足寄りに置く(ゴルフボール1~2個分位)と自然にハンドファーストのアドレスになります。

使用するクラブは、自分の距離で使うクラブより1番手下げてください。
これは鋭角に打ち込むので、ボールが低く飛び出します。ボールを高く上げるために、1番手下げるものです。

※番手を下げるとは?
数字の大きいクラブに変える。7番⇒ 8番

※番手を上げるとは?
数字の小さいクラブに変える。7番⇒ 6番

また、ディポット跡のどこにボールがあるかによっても、若干打ち方が違いますので、簡単に説明しますね。

1.ボールが目標方向にある場合(ピン方向、ディボット跡の上から見て左)

飛ばす方向に蓋がされているような状態ですので、フォーローが取れません。打ったらそれでおしまい!の感覚でショットします。

使用するゴルフクラブは、通常の距離で使うクラブより、1番手下げたクラブを使います。短く握り、ヘッドは上から鋭角に入れます。これは、次のパターンでも共通していますので、覚えて置いてください。

2.ボールが手前にある場合(上から見て右側)

1番の場合と逆で、右側が蓋をされているように、ヘッドを入れるスペースがありません。バンカーの目玉と同様に、ドカンと打ったらそれでおしまい。です。脱出できればOKとしてください。一番難しいですね。

3.ボールが真ん中にある場合

クラブヘッドをかぶせ気味に構えて、フォローは低く出しようにショットします。

4.目土がかぶせてある場合

フェアウェイバンカーのショットと同様に、ダフらないことだけに集中しましょう。横から払い打ちするようにショットします。ダフると砂の抵抗に負けて、ショートしますので注意しましょう!

バンカー越えや池越えのアプローチ

グリーンまで、20~50ヤードの位置にボールがあります。しかし、グリーンとボールの間には、バンカーや池がある場合も必ずあります。

普通にショットすれば、なんでもない場面ですが、入れてはいけないと言う不安心理が働き、心穏やかではなくなっています。

せっかくグリーン周りまでボールを運んできたにも拘らず、バンカーに入れたり、池ポチャでスコアを悪くしてしまいます。

ここは、バンカーや池をあまり気にせず、絶対ショートしないことです。確実にグリーンまでゴルフボールを運べる距離を打つことです。

そのためには、ヘッドアップは絶対しないこと!!です。

ボールの行方を気にしてしまうと、ヘッドアップし必ずダフリます。また、ボールを上げようとしても、右肩が落ちるのでダフリます。

この2つに気をつけて、体の力を抜いて方を水平に回してスイングすれば、ゴルフクラブが仕事をしてくれます。

これらを確実に実践すると、確実に10打は縮まります。とは言え、中々出来ないのが現状でしょうか?でも、練習をつんで少しずつ慣れてくれば、大丈夫です。

脱初心者ゴルフ!

関連記事

  1. シミュレーションコースでのコースマネジメントを学ぶ

  2. バンカーショットの基本 苦手意識を変えるコースマネジメント

  3. アプローチの基本は転がしで行う方が入る確率が高い

  4. スタートホールの心のマネジメント。ティーショットの不安を取る

  5. パーを取るためのコースマネジメント

  6. 初心者のゴルフコースマネジメント

  7. ゴルフのラウンドでベストスコアを出すためのコースマネジメント

  8. コースを攻略するマネジメント

  9. ミスショットを防ぐコースマネジメント

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP