注目の記事 PICK UP!

ドッグレッグのコース攻略コースマネジメント

右ドッグレッグのコース攻略

ティーグランドから230ヤード程から直角に近い右ドッグレッグ。右サイドは林となっており、その奥は池が待ち受けています。

反対に左サイドは、フェアウェイバンカーが配されており、いずれにしても左右に曲げるとトラブルショットに繋がります。このホールの攻略はどうするか?

230ヤードから曲がると言うことですので、ドライバーでのショットは左のバンカーや真っすぐ突き抜けて奥の林に行ってしまう可能性があります。

ここはドライバーという選択ではなく、3番ウッド(スプーン)を選択して確実にフェアウェイにボールを運びましょう。

ただし、スライスすると右の池につかまるので、フェースが開かない様にショットします。力まないで手先のスイングではなく、ボディーターンを心がけます。

落とし所は2打目でグリーンが狙える場所が理想ですが、スプーンと言う選択でグリーンまではまだ見えない場所となると思います。

狙いは左バンカーの右です。ここに目標を定めて、しっかりアドレスを取って下さい。ストレートボールで運びます。

ピンが林の奥にある残り160ヤードのショット法

フェアウェイは途中まで真直ぐですが、グリーン手前80ヤードほどから軽い右ドッグレッグとなっています。そのため、ピンは見えますが、林があり直接狙うには林越えのショットとなります。

この状況をどう攻略していきますか?ただし、グリーン手前にはバンカーがあります。

ピンの位置は、グリーンの右奥です。ピンを直接狙うと少しでもショートすると、バンカーにつかまります。ここは安全にグリーンの左エッジ、フェアウェイよりを狙っていきます。

使用するクラブは、6番アイアン。距離的にはこれで良いと思います。

ここで注意したいのは、インパクト時フェースが開いてスライスになってしまうことです。飛距離が落ちて、右方向に飛びますので、バンカーにつかまる可能性があります。

力まず、しっかりとフェースを返して振っていきましょう。

つま先上がりの斜面からグリーンには残り140ヤードの深いラフ

パー4の3打目。2打目のショットが右斜面の深いラフにつかまってしまいました。ピンまで140ヤードで、十分グリーンを狙えます。

深いラフの中にあるボールを打つには、力任せに打ってもダメです。芝の抵抗に負けてダフリなどミスが出ます。しかも、つま先上がりで普通に構えるとフェースが左を向いて、そのままショットすると左に飛び出します。

この場合、ピンを狙いに行くのではなく、フェアウェイから花道までボールを運ぶことを優先させます。結果として、グリーンにオンすればしめたものです。

使用するクラブは、ピッチングウェッジ(PW)です。

クラブを短く持ち、目標より左を向いて横振りスイングです。ボールを上げようとしてすくい打ちをすると、芝に負けて脱出できなくなります。

左足体重でスイングしましょう。

関連記事

  1. 初めてのコースを攻略するコースマネジメント

  2. スコアを10打縮めるライ別ショット

  3. 3パットはスコアアップマネジメントの大敵

  4. ミスショットを防ぐコースマネジメント

  5. スコアアップのゴルフコース攻略ガイドは自分をマネジメントすることから

  6. ゴルフラウンド中のトラブルを回避するコースマネジメント

  7. アプローチの基本は転がしで行う方が入る確率が高い

  8. コースを攻略するマネジメント

  9. シミュレーションコースのコースマネジメントパー5

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP