注目の記事 PICK UP!

アプローチショットは簡単です上手くなる練習方法

アプローチショットの打ち方は3つだけ

アプローチはスコアメイクを左右する大事なショットです。
せっかくグリーン周りに来ても、ざっくりや行ったり来たりしてはまとまるスコアも、まとまりません。

大事なショットだからこそ、3種類のアプローチを覚え、グリーン周りを攻略しましょう!

アプローチには、

1.ロブショット:高く打ち上げて、ピンを狙います。

2.ピッチ&ラン:打ち上げて転がし、ピンを狙います。

3.ランニングショット:転がしてピンを狙います。

と、この3種類のショットがあります。
グリーン周りの状況によって、使い方を考えます。

使うクラブは、SW(サンドウェッジ)・AW(アプローチウェッジ)・PW(ピッチングウェッジ)・7番or8番です。
ロブショットはSW、ピッチ&ランはAW・PW、ランニングショットは7番or8番位がいいでしょう。
自分のやりやすいクラブを見つけましょう。

アプローチは打ち方によって、スタンスやボールの位置が違ってきますので、覚えておきましょう。

ロブショットの練習法

ロブショットはボールを高く上げる打ち方です。高く上げてランが出ない、すぐ止まるボールです。
クラブはSWよりAWを使います。

スタンスは、オープンスタンスで構えます。スタンス幅は、肩幅かそれより少し狭くします。右足体重です。
左足は足一つ分、右足より下に下げます。

アドレスではゴルフクラブのフェースはスクエアではなくオープンに構えます。
そしてボールの位置は、左足かかとの延長上におきます。

スイングではインパクト以降、左脇が開かない様に注意してください。左脇が開いてしまうと、ダフリやトップなどのミスが出ます。

また、ボールを上げようとして、すくい打ちはいけません。右肩が落ちて、ボールが左に飛んでしまいます。

フィニッシュでは体が目標方向に向くまで回転させてください。

オープンスタンスなので、目標よりかなり左を向いている感じですが、カット打ちになるため目標方向に飛んでいきますので大丈夫です。

※オープンスタンスとは?

目標(飛球線)に対して平行に構える事(スクエアスタンス)が基本ですが、オープンスタンスとは、左足を後ろに引いて、左方向を向いた(身体を開いた)構え。

ピッチ&ランの練習法

スタンスはロブショット同様、オープンスタンスで構えますが、ロブショットより浅く(足半個分飛球線寄りに上げます)構えます。

ボールの位置は、スタンスの中央か、ボール半個分右足よりでも大丈夫です。

ボールが中央よりもっと右で大丈夫?って思うかも知れませんが、大丈夫です。
「インパクトはアドレスの再現」という言葉があります。

そのため、スイングの最下点がボールに当たる形をとるようにしますが、ピッチ&ランの場合は、最下点前にヒットしたほうが、正確にボールを捕らえることが出来るからです。

アドレスですが、ロブショットは右足体重でしたが、ピッチ&ランの場合は左足体重にします。
体重移動は行わず、左足を軸にしてゴルフクラブと体が1つになって回転させるスイングを行います。

ここで注意したいことは、スタンスをオープンにしていますので、当然その上の上体も同じ方向を向いています。

つまり、膝と腰と肩のラインも並行で左側を向いています。

逆にクラブフェースは開いて構えます。開いて構える分、右方向になっていますが、オープンに構えているので、目標方向にボールは飛び出します。安心して下さい。

ランニングショットの練習法

このショットは、グリーンまであと数ヤード、しかも花道にあるときに使うと有効です。
パターで転がすかどうか、迷ったときはランニングショットで決めてみましょう。

スタンスは気持ちオープンにして、幅は肩幅程度にします。
ゴルフボールの位置は、スタンスの中央か、ボール半個分右足よりでも大丈夫です。

使うクラブは8番がいいでしょう。
アドレスでは、体重は両足に均等にかけます。

振るときは、シャッシャッと芝の音がするよう芝を滑らせるように、払い打つスイングにします。
ダフらないように、肩を水平に回してください。

スイングは、バックとフォローが同じ振り幅にします。時計に例えると、20ヤードなら5時・7時、30ヤードなら4時・8時とします。

振り幅と距離感はゴルフ練習場で自分の距離をつかんで、覚えておきましょう。

おさらいドリル

☆テークバックでは、30cm位そのまま後ろに低く引きます。
インサイドに引いたり、ヘッドが上がらないように注意しましょう。コツは、低くアウトサイド気味にひきます。

☆スイングは左右対称です
トップで右足体重、フィニッシュで左足体重。この時、自分が思っている以上に左に体が出ます。右肩が回って左側に大きく飛び出す感じです。

☆右肩を水平に回す
べた足でスイングする。
トップの形とフィニッシュの形を同じくするように意識をします。ダウンで体重を左に乗せるには、移動するのではなく、右肩を大きく回すと結果的に体が左へ大きく出ます。

※べた足スイングだと、左の壁が出来るので、飛距離が出ます。ただし、左へひっかけたりダフるので、何度も練習して下さい。

☆左ひざを前に出さない
テークバックでクラブが地面と平行になった時、左ひざが前に出て左体重となります。このため、左肩が下がり、軸がぶれます。このため、こすり球となり、弱々しいスライスや左へのひっかけが出ます。

アドレスでは、両足の親指の付け根のあたりに体重を感じて下さい。

テークバックでは、クラブが地面と水平になったあたりで、右足の親指あたりで踏ん張ります。

トップでは、右足のかかとに体重を感じます。その際、右太ももの内側に強い張りを感じます。

そこで、左ひざを前に出さないよう踏ん張って下さい。

関連記事

  1. アプローチのダフりミスの原因と防止

  2. グリーン周りのアプローチザックリ・トップ

  3. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法

  4. アプローチの距離感を出す練習方法

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP