注目の記事 PICK UP!

アプローチで高いボールを簡単に打つ方法

ゴルフのラウンドをしていると、砲台グリーンに多く出会うことがあります。そのため、アプローチでは高いボールを打つことが要求されます。

しかし、アプローチが苦手な人は多い事と思います。

そこで、ちょっとの工夫でアプローチは高いボールを簡単に打つことが出来るのです。

ロブショットを打つためのポイント

ロブショットを打つためのポイントは、右足体重にすることです。

高いボールを打つためには、まずアドレスから変えることです。いつもどおりの構えから、両足を少し左右に広げます。ちょっと広めのスタンスにします。

そして、ボールを少しい左足寄りに置きます。その構えからテークバックに入ります。その際に、手や腕を使わないようにします。上体を回し、体重移動は行わず(体重を左に移動させない)、右足体重のままにクラブを振っていきます。(振り抜きます。)

これだけです!

ボールをやや左に置いて、右足体重で打つ。これだけで、インパクトでフェースは上を向いたままでボールに当たり、高い打球になります。

お試しあれ!

ポイントの再確認

①スタンスは少し広めに
いつものアプローチのスタンスより、スタンス幅を足半分ずつ広くして、ボールは少し左足寄りにセットします。

②スイング
右足体重のまま、手は使わずに上体を回します。いわゆる、明治の大砲状態でOKすね。

③ハンドファーストに構えない
アドレスでは、ハンドファーストに構えてしまうと、ボールは高く上がらなくなります。なので、左方向への体重移動は、絶対行っては駄目です。

④アドレスでは両肩を水平にすること
ボールを高く上げようとすると、右肩が下がってしまいます。右肩が下がってしまうと、ダフリの原因になります。そのために、アドレスでは、右肩を下げてはいけません。

関連記事

  1. アプローチのダフりミスの原因と防止

  2. グリーン周りのアプローチザックリ・トップ

  3. アプローチショットは簡単です上手くなる練習方法

  4. アプローチの距離感を出す練習方法

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP