注目の記事 PICK UP!

力まないで打つアイアンショット

アイアンのショットで、いつも力いっぱい振っている人が多いことと思います。そのためにミート率が悪く、方向性や飛距離が番手どおり出ず、悩んでいませんか?

力まずにスイングをして、方向性や飛距離、更にはミート率を上げていきましょう!

力まないでミート率を上げるスイング

力を抜いてスイングすると、飛ばないと言うイメージがあります。そのためいつも「力まずスイング」と思いつつ、フルショットの状態になってしまう。

力を抜いてスイング出来ない人は、力を抜くポイントが違うからです。

まず、上半身の力を抜いてアドレスを取ってください。そして、ポイントは下半身です。下半身の左足を意識します。スイング中は、左足でしっかり踏ん張ることによって、ゆったりした軸がブレないしかも、芯をはずさないスイングになります。

結果として、ミート率が上がり、安定したスイングになります。

ではどうすればいいのか?そのためには、回転軸を小さく取り、その場でクルっと回るスイングを行うようにします。体重移動は大きく取らず、最小限にします。

アドレスで構えたスタンス幅の中で、体重移動させます。テークバックでは、右股関節の上に体重を乗せます。大きく股関節の右方向(外側)に移動してはだめです。あくまで、股関節の上です。

そして、ダウンスイングでは、左足の股関節の上で回転させ、フォロースローを取ります。この場合も左側に行き過ぎてはダメです。左足の股関節の上です。

イメージとしては、テークバックからトップの位置では、実際には右足に体重は乗っていますが、半分以上左足に体重が残っている感じです。

そのイメージであれば、トップも小さくなりコンパクトなトップが作れます。そしてダウンスイングでは、左足から始動して左足に体重を乗せます。しっかり左足で踏ん張ってください。そうすると、その場でクルっと回転します。

左足の踏ん張りが十分でないと、ヘッドスピードが上がらずに、その場でクルっと回転するスイングが作れません。スイング軸は、左足の上にある感覚で振ることが出来るので、力まずスイングが出来ます。

左足1本でスイングする練習方法(ドリル)

左足1本でスイングする練習で、左足で踏ん張る時のインパクトを再現するドリルです。

安定したスイングは、ミート率がアップして飛ばしのゴルフに繋がります。でも、分っているけど中々できないのが、ゴルフです。

そのためには、自宅でそれをカバーする練習があります。それは、「素振り練習」です。

自宅での素振り練習。以下のドリルを行ってみてください。

その成果をゴルフ練習場で確かめる、と言う練習法をこれから行うことで、上達速度が加速します。

アイアンを持ちます。5番か6番アイアンがいいですね。アドレスを取ったら、右足を上げて左足1本でのスイングです。

最初はハーフスイングの小さな振りから始めます。それでもハーフスイングくらいでバランスが崩れ、左足だけでは立っていられないと思います。

バランスが崩れ、右足が床に着いてしまいますね。これは、そうなって当然です。

何度か練習していると、バランスが取れてきますが、どうしても上手く出来ない場合は、右足のつま先を立てて後で支えて下さい。

だんだん慣れてきて、左足1本でスイング出来るようになります。フィニッシュが取れるようになれば、シメタものです。

このスイングが出来るようになったら、ゴルフ練習場で実際にボールを打ってみましょう。苦手クラブが当たる様にもなります。

関連記事

  1. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

  2. バンカーショットの一発脱出方法はバンスを利用で簡単!

  3. 自宅で3パット撲滅練習

  4. ミドルアイアンを得意クラブにするスイング作り

  5. アプローチショットの練習で100を切る

  6. ティーショットでOBを減らすテクニック

  7. フェアウェイバンカーからの脱出はこのショット方法がいいね!

  8. バンカーの距離感を出すにはどうすればいい?

  9. ミスショットはアドレスから始まっている

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP