注目の記事 PICK UP!

ティーショットでOBを減らすテクニック

ティーショットは、大事な1打です。特に朝一のティーショットは、緊張感もあり、体が十分動かないものです。ここでのOBは避けたいものです。無駄なOBを減らす事は、100切りを目指す人には大事なポイントです。

フェアウェイをキープするための、スライス・チョロ・引っかけの3大ミスを無くしていきましょう!

スライスを出さないテクニック

ドライバーでの朝一ショットは、スライスが出易くなっています。特に体が温まっていない、出だしの3ホール程は、ミスショットが出ます。

捻り不足から出るスライスもありますが、多くはカット打ちのスライスです。

スライスが出る人は、テークバックからトップになる時に、アドレスで構えた時の膝の角度が保てなくなっています。

トップになると、右ひざが伸びきってしまい、そのためにダウンスイングでは、右肩が前に出てしまう、いわゆる、アウトサイドインのカット打ちとなってしまっています。

このカット打ちを直すには、アドレスで構えた時の膝の曲がりを保つことです。テークバックで、頭を右足の上に乗せる様にクラブを上げて行くと、膝の伸び上がりを防ぐ事が出来ます。

この時、両膝をしっかり踏ん張る事が大事です。

チョロを出さないテクニック

打ち急ぎや体の捻り不足があると、チョロが出易くなります。これを防ぐには、体の捻りを十分取る様にする事が一番です。

つまり、上半身と下半身の逆の捻りを大きくしてやる事がポイントです。

そのためには、テークバックで上半身は右方向へ捻りますが、下半身は逆に左方向に捻ると、大きな捻りが得られます。

テークバックで上半身を捻る時に、左足に体重を移行していきます。そして、トップの位置になった時に切り返して、右足に体重を乗せダウンスイングに移ると、打ち急ぎを防ぐ事が出来ます。

引っかけを出さないテクニック

引っかけを出さない様にするためには、オーバースイングをしない事です。そのためには、コンパクトなトップを作ることです。

コンパクトなトップを作るためには、左手のコックを使います。テークバックでクラブが腰の高さになる頃に、コックを入れて行きます。

この時、左腕とクラブの角度は、直角になる様にコックを入れます。そして、そのままトップに持って行くと、コンパクトなトップとなります。

そのまま切り返して、ダウンスイングをすれば、クラブがまっすぐ下りてくるので、左方向への引っかけは無くなります。

関連記事

  1. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

  2. ミドルアイアンを得意クラブにするスイング作り

  3. バンカーの距離感を出すにはどうすればいい?

  4. 力まないで打つアイアンショット

  5. フェアウェイバンカーからの脱出はこのショット方法がいいね!

  6. ミスショットはアドレスから始まっている

  7. トップとダフリ、そしてチョロのミスをなくすためのアドバイス

  8. 自宅で3パット撲滅練習

  9. ダフって池ポチャはもうイヤ!何とかしたいダフリミス!

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP