注目の記事 PICK UP!

ミドルアイアンを得意クラブにするスイング作り

ショットはアドレスで決まる

始めてゴルフクラブを握って構えてみると、凄く窮屈な形で構えていると感じると思います。昔、野球をしたことがある方は、バットを構えてスイングしてもあまり違和感は感じたことはなく、むしろ自然にスイングできたことと思います。

しかし、ゴルフスイングは違和感がある。これが正直な気持ちと思います。このゴルフのスイングで違和感がなくなれば、スムーズなスイングが出来ますので、早く慣れましょう。

そのためには、姿勢を早く作りましょう。

まずアドレスですが、ゴルフクラブを持ちます。ショットする時の姿勢です。なんとなく構えてはダメです。お尻を上に持ち上げるように突き出し、背中はピンと伸ばします。丸く猫背になってはダメです。

スタンス幅は肩幅程度で、両足の親指で地面をつかむように踏ん張って立ちます。

なお、スタンス幅は、自分のスイングで上手く回転できると同時に、体重移動が上手く出来る位置を見つけてください。基本は肩幅です。

ちなみに、スタンス幅が広すぎると、バックスイングでの体のひねり不足となり、また、ダウンスイングでは左足への体重移動が上手く出来ません。

反対に、スタンス幅が狭いと、体の回転はしやすくなりますが、スイング中の体重移動がスムーズではなくなります。

ゴルフボールは、スタンスのどこに置くの?

ボールの位置は、ゴルフクラブの番手によって違います。しかし、基本的なこともありますので、必ず覚えておきましょう。簡単な覚え方です。

6番アイアンからピッチングウェッジ(PW)までは、スタンスの中央にゴルフボールを置きます。ただし、必ず確認したいのは、アドレスで構えた時に、グリップエンドが左太ももの付け根を指していることです。

また、5番アイアンは、センターからゴルフ半個分左に置きます。同様に、4番アイアンは、センターから1個分、3番アイアンはセンターから1,5個分左にずれていきます。その際も、グリップエンドは、左太ももの付け根を指していることを確認してください。

テークバックのポイント

アドレス時を確認します。両肩とグリップ(両手)で作った三角形があります。その三角形を崩さず(そのまま)ゴルフクラブが地面と水平になるまで、ゆっくり持ち上げていきます。

その時もアドレスの前傾姿勢を崩してはダメです。ここまで、シャフトプレーンの沿って、ゴルフクラブを引き上げていきます。

※シャフトプレーンとは?
アドレス時のシャフトの位置を基点に描く円のこと

バックスイングのポイント

テークバックでは、ゴルフクラブが地面と水平になった時に、グリップとクラブのシャフトが一直線になるので、右ひじをたたんで、トップまで引き上げます。そして、左肩がアゴの下に入るまで、捻ります。

トップからインパクトまでのポイント

体を十分ひねり、左肩がアゴの下に入った状態であれば、トップの位置です。その位置から切り替えして、ダウンスイングに入りますが、ビデオで見るようなここがトップで、ここからがダウンスイングと言うようなことは、一瞬の出来事なので感覚としては良く分かりません。

右足に十分体重が乗ったと言う認識があれば、OKです。

切り返しは腕でゴルフクラブを降ろしてくる、と言う認識ではなく、腰を左に切って回転させることから始めます。そうすることにより、自然とゴルフクラブが下に降りてきます。その認識を強く持ってください。

インパクトでは、ハンドファーストの形になるように、クラブヘッドをアドレスした位置に振っていきます。その際には、ほとんど左足体重になっていることが分かります。

フォロースルーからフィニッシュのポイント

インパクト以降、フォロースルーは切り返し時の回転させた腰を止めてはダメです。更に腰の回転を加速することです。(そのイメージを強く持ってください。)

そして、腰が目標方向に向いた時、右ひじと左ひじをたたんで、フィニッシュを取ります。この時、注意したいのは、左ひじを折りたたむのではなく、後ろに引けてしまうことです。後ろに引けてはダメです。

そうすると、ゴルフクラブがキレイなフィニッシュの形が取れません。

フィニッシュの形は、おへそと蹴りだした右足の裏が目標を向き、左足で踏ん張っています。またここでの注意点ですが、左足がめくれないように、しっかりと踏ん張ってください。

関連記事

  1. アプローチショットの練習で100を切る

  2. フェアウェイバンカーからの脱出はこのショット方法がいいね!

  3. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

  4. 力まないで打つアイアンショット

  5. ショートホールの攻略法池ポチャをしないため

  6. グリーン周りのアプローチショットでミスを無くす

  7. 初心者ゴルファーに多いダフリとトップのミスショットそしてシャンク

  8. スイングの左手リードの意味を知っていますか?

  9. バンカーの距離感を出すにはどうすればいい?

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP