注目の記事 PICK UP!

ゴルフは左手の使い方でもっと上手くなります

ゴルフへたは、ゴルフを始めたばかりの人なので、ボールが曲がってしまう、飛距離が出ない、ダフリやトップの繰り返し、しかも、スライスが止まらない!。練習しているのに中々上達しない、そんな苦々しいジレンマに陥っていませんか?

このサイトにたどり着いたと言う事は、ゴルフに迷いがある方と思います。

そんなゴルフ初心者の人は、ミスもたくさん出ますが、最大の悩みはスライスです。でも、安心して下さい。この先を読み続けて練習を重ねて行けば、近いうちに必ずスライスは直ります。脱スライスです!

 

スライス⇒ミスが出る、それは右手に頼り過ぎているのです。言葉を変えると、右手しか使っていないからです。これからは左手を使うことです。

こんにちは。

サイト管理者の「テラ」と申します。ゴルフをこよなく愛している、今は昔のイケメンです!?(笑)

このサイトは、これからゴルフを始める方やゴルフを始めて間もない、初心者ゴルファーさんのためのサイトです。ゴルフが上達しないとか、ゴルフが面白くない人に特に見て頂きたいと思います。

初心者だったテラが、100が切れた時の経験などもどこかに隠れていますよ。(笑)

見て頂くうちに、ヘタでもゴルフが面白くなる、そんな情報をお届けします。

ゴルフを始めるための情報から、美人さんゴルファーの紹介、コースマネジメントなど、盛りだくさんの内容です。好きなカテゴリから読み進めて下さい。

目指すは、あなたのスコアの100切りと、ヘタでもゴルフが面白くなるゴルフ愛を一緒に育てましょう!

左手リードの意味が良くわからない!

右手が強いため、中々左手を使っている感覚がないと思います。この感覚をつかむには、意識を変える必要があります。

特にスライスの出る人は、テークバックでゴルフクラブをトップの位置に上げる時、左手1本で上げる意識を持って下さい。

勿論、左手1本ではクラブを上げる事は出来ないので、両腕を使います。その時、左手で引っ張り上げる意識を強く持ちます。ここの部分を大きく変えて下さい。

これが左手リードの始まりです!

アドレスからテークバックで、トップの位置までクラブを上げます。トップからの切り返しのダウンスイングは、左腰から動き始めます。

左腰の動きにつられて、ダウンスイングがはじまりますので、この時(ここが大事!)右手で押し込むのではなく、左手で引っ張る様にダウンスイングをしていきます。

腰を若干左にスライドさせて、目標方向に回転させます。クラブが振り下ろされ、インパクトでは左足で踏ん張り、いわゆる左の壁を作ります。そうすることで、ヘッドが加速してクラブを振り抜くことができます。

アドレスの位置にクラブを戻すのです。これが左サイドのリードとなります。

左サイドのリードでゴルフクラブを振り下ろすので、フェースが開くことなくボールをヒットすることが出来ます。

スライスが止まらないと言う人は、絶対このスイングがオススメです。

事実、私も初心者だった頃、ドスライスでした。ブーメランのように戻ってくる、自称ブーメランスライス(笑)でした。

しかし、この意識改革でウソのように、スライスが全く出なくなりました!

右手リードはゴルフスイングを壊します!

ゴルフスイングの基本は、やはり左手リード。下半身リードや腰を切っていく、とも言われます。まして、体重移動は、大切です。これを怠ると、ミスショットのオンパレードです!

ゴルフクラブが進化したとは言え、昔から言われてきてことは、大事なこと。私自信もドライバーに関して言うと、デカヘッドで育っております。

昔のパーシモンのドライバー時代の話は通じない!?ではありません。基本的なことはあまり変わらないのです。

右手はまるっきり使わないと言うことではなく、左手が主であれば、右手は従なのです。左手だけでは、不器用なので何もできませんが、右手が左手をフォローするんです。

ゴルフを始めたばかりの人は、ボールが曲がってしまう、飛距離が出ないと思います。それは、右手に頼り過ぎているのです。言葉を変えると、右手を使い過ぎているのです。

何が言いたいのかと言うと、右手でスイングをしている間は、スライスしか出ません。そして、飛距離も出ません。

スライスが出る人は、右手を使いすぎなんです。右手は器用なため、いろいろ動きます。そのため、右肩が前に突っ込んで、スイング軌道がアウトサイドインとなります。

結果として、いくら練習してもその状態のため、スライスしか出ないのです。

いいですか?右手の悪さ(使い方を間違わなければ、悪さではないのです。)が出ているのです。右手は主で使ってはいけません。

ストレートボールが打ちたい!とか、もっとスコアアップしたい!あるいは、初心者ゴルフから脱出して、スライスを直したい!

と、思うことがあれば、これから紹介することを実践してみて下さい。

右手リードスイングはスライスだけじゃない!引っ掛けも出てしまう

引っ掛けは、ボールがつかまっていい当たりがしたと思いきや、左へ直行!OBとなるケースが多々あります。今までドライバーはいい調子でショットが出来ていたのに、このホールは、引っ掛けでOB。ちょっとがっかりです。

引っ掛けは下半身の動きが止まり、上半身だけで打ちにいく場合出ます。腰が上手く回らず、右肩が先行して動いてしまうからです。

この場合、右手は左手の補助に徹しましょう。テークバックでは、左手を主としてゴルフクラブを引き上げていきます。右手は、添えているだけのイメージです。

テークバックからダウンスイング、フォーロースルーまで、左手を意識してスイングします。

引っ掛けが出たらまず、素振りをして左手の感覚を確かめます。何回か素振りを行って、感じがつかめたら本番のティーショットに臨んでください。

ちなみに、右手を使いすぎると、チーピンも出てしまう最悪の状態になります。

チーピンはゴルフボールが高く上がらず、飛距離も出ないため、メンタルのショックが大きいのです。OBになる可能性のありますので、注意しましょう。

引っ掛け、チーピンなどミスのオンパレードとならないためにも、右手リードはダメです。

左手でリードするその感覚を早く覚えましょう。

実際は、左手1本でゴルフクラブは振りません。両手でスイングするわけですが、左手で振る意識を常に持ってください。

左手リードのスイングドリル

この素振りを繰り返し行ってみて下さい。

ゴルフクラブを左手で持ち、左手1本でスイングします。頼りないスイングですね。では、その左手首を右手でつかみ、素振りをしてみましょう。

または、ゴルフクラブが重すぎて上手く出来ないと言う人は、細い棒を利用しましょう。長さが50センチほどあれば大丈夫です。あるいは、50センチくらいの定規でもいいですね。

それをクラブと見立てて、左手1本でスイングします。注意点としては、だらっと振るのではなく、その棒(定規)が、体の正面から左の位置に来た時に、ビュンと言う風切り音があればOKです。

左手リードの感覚がよくわかるはずです。

繰り返しこの素振りを行って下さい。この感覚がわかれば、実際にクラブでスイングしても、しっかりボールがヒットすると思います。

ボールが上がらず、トップ気味のボールや左への引っかけがなくなります。

関連記事

  1. ダフって池ポチャはもうイヤ!何とかしたいダフリミス!

  2. 初心者ゴルファーに多いダフリとトップのミスショットそしてシャンク

  3. ゴルフ100を切るアドバイス

  4. スライスを直す究極の処方箋

  5. ミドルアイアンを得意クラブにするスイング作り

  6. バンカーの距離感を出すにはどうすればいい?

  7. ミスショットはアドレスから始まっている

  8. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

  9. 3パットしないラインの読み方を教えます

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP