注目の記事 PICK UP!

ショートホールの攻略法池ポチャをしないため

池越えのショートホールは、あなたはどんな気持ちでショットしていますか?

ほとんどのビギナーさんは、嫌だな~、池に入りそうと、ショットする前から池に入れているように考えてしまいます。

そして、実際にショットしてみると、打ち急いでいるのです。結果は案の定、池ポチャです。

池に限らず、谷越えなどでも同様です。

ヘッドアップとスイングテンポを意識する

ビギナーさんのスイングをよ~く見ていると、池や谷越えの場合、必ずと言っていいほどスイングテンポが速くなっています。

いわゆる、プレッシャーがかかった状態です。

池に入ってしまうのでは、と言う不安がよぎるために、この不安を早く逃れたい!この心理状態から、スイングテンポを早くしているのです。

不安と言うのは、ゴルフに限ったことではありません。

例えば、会社の会議でのプレゼン。課長や部長の前で説明する時は、緊張します。緊張すると早口言葉になってしまい、上手く説明することが出来なくなることがあります。

話は戻りますが、ゴルフでもテークバックはゆっくり取っているつもりでも、ダウンスイングでは、テークバックが終わらない内に、ダウンスイングが始まっています。

これでは体が十分回らず、当たっても弱々しいボール。おまけにヘッドアップしてしまうので、池ポチャの確立が多くなります。

この場合は、はやる気持ちと不安な気持ちを抑えて、ゆっくりとテークバックして十分体を捻り、下半身からダウンスイングを始めます。

この一連の流れが、ゆっくりテンポですが・・・

しかし、そうは言ってもそれが出来ないのが現状です。また、不安や緊張を取り除くことも容易なことではありません。むしろ、出来ないのが本音ですよね。

不安や緊張を取るためには?

では、不安や緊張を取り除く方法はあるのか?これは中々、難しいことです。しかし、ここは考え方を少し変えて、ショットしてみましょう。

不安があれば、スイングがぎこちなくなり、番手通りの距離が出ません。こんな時はあえて距離を落としてみます。

どういう事か!?

それは、そのホールの距離から選んだクラブの番手を1つ、落とします。6番であれば7番にします。それじゃ、グリーンに届かないで池ポチャではないか!と思うかもしれません。

でも、1番手下げれば、簡単なクラブになります。不安や緊張の中でも、簡単なクラブであればしっかりショット出来るはずです。

仮にしっかり当たって池ポチャでも、しっかり打てた!と言う自信が生まれます。

自分はこのクラブならしっかり打てると、自信が持てれば、不安や緊張は次第に薄れていくことでしょう。

このホールでは、池ポチャでスコアを崩しても、ショットに自信がつけは、だんだんにスコアは良くなってきます。

関連記事

  1. 力まないで打つアイアンショット

  2. 初心者ゴルファーに多いダフリとトップのミスショットそしてシャンク

  3. バンカーショットの一発脱出方法はバンスを利用で簡単!

  4. トップとダフリ、そしてチョロのミスをなくすためのアドバイス

  5. ミスショットはアドレスから始まっている

  6. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

  7. バンカーの距離感を出すにはどうすればいい?

  8. 初心者ゴルファーのスコアメイクはドライバーよりアプローチ

  9. 自宅で3パット撲滅練習

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP