注目の記事 PICK UP!

朝一ショットの不安を解消する

スタートホールのショットは、誰もが緊張するものです。特に朝一ショットは、当たるだろうか、不安でいっぱいです。そんな不安な気持ちでショットを向かえると、ミスショットの確率が高くなります。

不安の原因を探る

朝一ショットの不安の原因として、ナイスショットをしなくては!と言う心のプレッシャーです。そのプレッシャーがまず、アドレスに現れます。

アドレスで力が入ってしまうと、中々スイングに移行できなくなります。いわゆる、固まった!です。全身に力が入ってしまうと、どうしてもナイスショットなど出るものではありません。

ですから、あまりナイスショットを意識しないで、むしろミスでも良いと、意識を変えましょう。下手でも良いので、俺のショットを見ていろよ!凄いよ!位の気持ちで、リラックスしましょう。

リラックスすることにより、全身の力が抜けていきます。

リラックスしたアドレスを作る

リラックスしたアドレスを作るには、どこを意識したらいいのか?それは次の3つです。この3箇所を押さえておけば、大丈夫です。

始めにグリップを意識してください。グリップにより大きいプレッシャー(強く握ること)をかけると、スイングの動きがぎこちなくなってしまいます。

そのために、左手の小指・薬指・中指の3本だけでしっかり握ります。あとの親指と人差し指は、添えるだけです。更に右手も添えるだけのグリッププレッシャーにします。

次に背中とお尻です。背中が丸まっていると、だらっとしてしまいます。背筋をピンと伸ばして、お尻を上に向けるようにして、前傾姿勢を取ります。

そして、最後に両足の親指の付け根です。この部分を意識して、体全体を支えるように踏ん張り、下半身を安定させます。

これで理想のアドレスが完成です。

ティーショットに自信を持つ

アドレスが完成したら、後はスムーズなテークバックに移行させるだけです。そのためには、肩や腕の力を抜いてください。先ほどグリップで、左手の親指と人差し指は添えるだけ、と言いました。

その指に力が入ってしまうと、肩にも力が入り、スムーズな動きが出来なくなります。

そして、テークバックの始動は、左手グリップから動かす意識で始動します。左手リードの意識を持って始動すれば、ナイスショットの確率が高くなります。それと、ヘッドアップに気をつけて。

最後に、アドレスに入る前に大きく深呼吸しましょう!自信を持ってスイングすれば、朝一ショットの不安は解消されます。

関連記事

  1. スイングの左手リードの意味を知っていますか?

  2. ティーショットでOBを減らすテクニック

  3. アプローチショットの練習で100を切る

  4. ショートホールの攻略法池ポチャをしないため

  5. ゴルフは左手の使い方でもっと上手くなります

  6. 初心者ゴルファーに多いダフリとトップのミスショットそしてシャンク

  7. スライスを直す究極の処方箋

  8. 初心者ゴルファーのスコアメイクはドライバーよりアプローチ

  9. ゴルフ100を切るならドライバーよりアプローチショット

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP