注目の記事 PICK UP!

ミスショットはアドレスから始まっている

アイアンショットでミスショットが出る人は、アドレスに注目してください。ミスショットの原因は、アドレスから始まっています。

構えた時に右肩が突っ込んでいると、まともに打つことは出来ません。

両肩のラインは常にスクエアにすることを意識する

多くのゴルファーは右打ちなので、ここでは右打ちを前提に進めていきます。

テレビのゴルフトーナメントなど良く見かける光景で、プロがアドレスをした時、キャディーが後ろからアドバイスをしています。そうですね。アドレスのチェックです。ゴルフで最も大切なのは、アドレスの形です。

目標を定めたら、その目標にスクエアに構えることが大事です。十分承知のこととは思いますが、それが出来ないのがアドレス。たかがアドレス、されどアドレスです。

右打ちの人は、とかく右肩が前に出て構えています。これではミスショットをこれからするぞ!と言わんばかりの構えをしています。

両肩のラインが目標に対して、平行と言う感覚が分からなければ、1度仕切りなおしてください。目標に対して平行に立ち、ゴルフクラブを握ったら、剣道の「面」と言う形をとり、そのままクラブを下に置きます。

これで右肩が出なくなります。

そして、お尻を後ろに突き出すように上げて、股関節から腰を折り、前傾姿勢を取ります。両肘はつっぱてピンと張らないようゆとりを持たせます。

両脇は締めると、よく言われますが、この状態では自然と脇が閉まります。「面」のポーズで腕を上から下ろしているからです。

その状態であれば、OKです。キレイなアドレスが出来ました。

ティーアップの重要性を理解しよう

スタートホールのティーアップを簡単に考えてしまう人が、結構多いのです。ティーアップは、スタートする時にとても重要な場所なので、簡単に考えないでください。

とかくキレイな場所を見つけて、ティーアップするのではダメです。例えば、ディポット跡を避けて芝のキレイな場所ではありません。

ティーマーカーの幅の中で、奥行きは2クラブレングスの限られた場所の中で、見つけるティーアップの場所とは、前下がりや左足上がりなどの傾斜の無い場所です。そして、足元にディポット跡など無い場所です。

つまり、足元がいい場所です。その時は、目標方向を定めてから場所探しをします。

ティーアップの場所は、アドレスでバランスが崩れない、いい場所を見つけてください。

飛ばしたいホールのアドレスを知ろう

ドライバーの楽しさは、飛ばすことにありますね。それが醍醐味!しかし、飛ばそうと思ってマン振りすると必ずと言っていい程、ミスショット。あるいは、いつもより飛ばない。そんなショットとなってしまいます。

その時のアドレスは、大体次のようなアドレスを取っている人が多いですね。

下半身をしっかり固めるために、いつもよりも膝を深く曲げて、広めのスタンスで構えます。そして、スイングアークを大きくしようと、いつもよりボールから離れてのアドレスです。

結果は?と言うと、いつもより飛ばない。ですね。

では、どんなアドレスを取れば飛びのアドレスになるのでしょうか?

冒頭にもお話したように、両肩は目標に対して平行にします。お尻を持ち上げるようにキュッと引き締めます。両膝は深く曲げずに、軽く曲げます。スタンスは肩幅より、若干広め。股関節から腰を折り、前傾姿勢を取ります。

両腕はその前傾姿勢から自然に下げた位置にあります。その位置でクラブを握ります。

注意したい点はグリップを握る際、力を入れすぎてギュッと握らないことです。強く握りすぎると、上半身に力みが生じてスムーズなスイングが出来ません。

一見、力入らずの頼りない感ですが、ゆったりとアドレスすることで、上半身がスムーズは動きとなり、スイングアークも大きくなり、ヘッドが走って飛ばしのスイングとなります。

クラブの重さを感じてください。

ウッドとアイアンのアドレスの違いを理解しよう

ウッドとアイアンのアドレスの違いがあることは、ご存知ですか?

知っているよ、アイアンはハンドファースト。ウッドは、・・・?

と言う方、意外といらっしゃるのではないでしょうか。一般的にアドレスは、ウッドとアイアンは同じと思っているゴルファーは多いようです。

そのためにアイアンは得意だけれど、ウッドが当たらない。反対に、ウッドは得意だけれど、アイアンが苦手と言う人も多いのです。それは、同じアドレスでスイングしているから。です。

アドレスの違いは、ゴルフクラブの構造にあります。ウッドの場合は、シャフトの前方にクラブのフェース面があります。アイアンは、シャフトの後方にクラブのフェース面があります。この構造の違いにより、アドレスの形も違ってくるのです。

この構造の違いから、ウッドの場合のアドレスをした時、グリップの位置はボールの後にあります。いわゆる逆Yの字の構えです。アイアンの場合グリップの位置は、ボールの先にあります。Yの字の形です。つまり、ハンドファーストの形になります。

ここまで、ご理解いただけましたか?

ウッドの構えをしてみると、左肩が開かないキレイなアドレスが取れます。(理想形です)つまり、右肩が前に出て左肩が開いた形ではなく、目標に対しスクエアなアドレスとなります。

このアドレスからは、引っ掛けはなくなるため、安定したスイングが出きるでしょう。

逆に言うと、引っ掛けが多く出る人は、右肩が出て左肩が開いたアドレスとなっていることが多いのです。引っ掛けを治したい人は、アドレスを見直しましょう。

アドレスがスムーズなテークバックを行うには?

アドレスを取る順番としては、スタンスを決める、下半身をがっちり固めていく。次に上半身の前傾姿勢を決めて、グリップの位置を確認する。

やっと出来たアドレスの形、なんか窮屈ではありませんか?

窮屈と感じる人は、スムーズなテークバックに移行しない可能性があります。これこそ、ミスショットはアドレスから始まっているのです。

ボールを打つために構えるアドレスなので、スムーズでリズムのあるアドレスを取る必要があります。

そのためには、アドレスの形を取ったなら、ゴルフクラブのソールを地面につけないで、浮かせて構えることです。ソールを浮かせることにより、指先でクラブの重さを感じることが出来、適度なグリッププレッシャーで握ることが出来ます。

更に、両腕にも余裕が生まれ、両脇が締まってきます。その状態からテンポ良く、例えば、以前はやった言葉で、チャー・シュウー・メンとか、1・2・3など、心の中でつぶやき、リズム良くテークバックさせます。

スムーズなテークバックからスムーズなスイングが生まれ、その先にはナイスショットが生まれます。

関連記事

  1. ショートホールの攻略法池ポチャをしないため

  2. トップとダフリ、そしてチョロのミスをなくすためのアドバイス

  3. スイングの左手リードの意味を知っていますか?

  4. ラウンドで大叩きしない方法はある?

  5. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

  6. ゴルフ100を切るならドライバーよりアプローチショット

  7. 3パットしないラインの読み方を教えます

  8. 初心者ゴルファーに多いダフリとトップのミスショットそしてシャンク

  9. ゴルフは左手の使い方でもっと上手くなります

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. ゴルフマナーの悪いお客はこらしめたいのがゴルフ場の本音どうする?!
  2. ドライバーの突然出るスライスの直し方
  3. 5番ウッドはやさしいFWです打ち方講座
  4. ボールがつかまるアイアンショット
  5. ミスショットはアドレスから始まっている
  6. つま先下がりのショットはアドレスで決まる!
  7. 初心者ゴルファーでも出来る初めてのゴルフマネジメント

特集記事

最近の記事

  1. アプローチで高いボールを簡単に打つ方法
  2. ゴルフが全く上達しない理由
  3. ドライバーショットが安定しない人のドリル
  4. 中嶋常幸プロが手がけているトミーアカデミーとはどんな所?
  5. 失敗しない最新の距離測定器選び方

人気記事ランキング

初心者ゴルファー人気記事

PAGE TOP